中国と日本ではたらき自由を目指すビジネスマン

10年8月~17年4月、中国上海で広告の仕事。17年5月に日本へ帰国、中国×金融×マーケティング。自己研鑽を重ね49歳に完全自由を得る過程を綴る。

僕は老後の年金が無いから、自分で年金を探すことにした。

http://www.flickr.com/photos/10883933@N07/4562974430

photo by IvanWalsh.com

僕は年金がない

僕は現地採用として採用されているので、日本では会社に所属していない。

だから厚生年金も、国民健康保険も、住民票も抜いているから住民税も払っていない。

国民年金は世代間相互扶助の仕組みなので、父親・母親がもらっているため、

毎月支払うことにしている。

だが国民年金なんか、僕の世代で貰える金額なんて雀の涙程度になっているはずなので、老後の生活を年金に頼るわけにはいかない。

 

だから、僕はこれから自分で年金を用意しようと決めた。

 

今の僕に必要なことは何なのか?

年金は確かに老後のために必要だけど、もっと手前のこと、つまり

若い年代にも必要なことがたくさんある。

今の僕に必要なのは

  • 老後の年金が無いので老後を豊かに過ごせる年金が欲しい
  • 子どもが産まれたので死亡保障が欲しい

の2点。

 

豊かな老後という概念が思いつかないので、とりあえず皆がもらっている

年金額の平均月額受給額を調べてみると

国民年金で5.4万円、厚生年金で14.5万円、だいたい合計20万円/月。

allabout.co.jp

ということで、65歳から毎月20万円くらいもらえる年金を用意したい。

 

次に万が一、僕が若くして死んだ時のため、家族のためにお金を残す必要がある。

なので死亡保障が必要。

幸い家や車のローンなど大きな借金もなく、嫁も仕事をしているので、

これから子どもでかかる大きな費用は教育費のみ。

幼稚園から大学までの費用を前に計算してみるとだいたい

1,500万円~2,000万円かかることになっている。

死亡保障で必要な金額は2,000万円以上、余裕みて3,000万円あれば大丈夫。

 

これからやるべきこと

・Why

家族と豊かで安心な人生を送るために

 

・What

死亡保障2,000万円~3,000万円を確保しつつ、将来年金として受取れるタイプの

年金保険を

 

・Where

中国国内、日本、香港、シンガポールなどで

 

・When

来年の春節(2016年2月8日)までに

 

探しだし、決める!