中国と日本ではたらき自由を目指すビジネスマン

10年8月~17年4月、中国上海で広告の仕事。17年5月に日本へ帰国、中国×金融×マーケティング。自己研鑽を重ね49歳に完全自由を得る過程を綴る。

グループウェアアプリ「钉钉」が良い。Cybozuは中国で苦しい戦いになると思う。

このまえ、アリババグループの決算発表についてReportしました。

 

www.china-b-japan.org

 

その中で未来への投資として目が出始めている事業の中に

ホワイトワーカー向けアプリ「钉钉」というものがありました。

今日、新幹線に乗っているとこんな広告が。

f:id:daotian105:20160512221228p:plain

この広告によると、既に150万社で導入されているようですからね。

しかも、この真中にいる李開復という男性、中国でもかなり有名な

VC(ベンチャーキャピタル)会社の社長さんです。

この人を広告塔に使うとなると・・・結構費用かけてますね。

 

 

さて、ちょっと気になったのでもう少し調べてみました。

 

ホワイトワーカー向け、グループウェアアプリ「钉钉」の公式サイト

www.dingtalk.com

 

簡単にどんなアプリなのかといいますと、

 

中国版Cybozu

f:id:daotian105:20160512221825p:plain

中国版チャットワーク

f:id:daotian105:20160512221645p:plain

です。

 

 

f:id:daotian105:20160512222020p:plain

「钉钉」の基本的機能を見てみます。

 

・DING

個人→個人で緊急ごと、必ず目を通してもらいたいことをメッセージできる機能。

 

・企業群

グループチャット機能です。プロジェクトメンバーを引き入れて複数人で

会話ができ、何人既読になったかも見れます。

 

・電話会議

「钉钉」を通して社員同士、1対1はもちろん複数人で電話会議ができる機能。

更に、、、、無料!

 

・掲示板

忘年会とか、軽い情報共有に使う掲示板機能。

スナップチャットみたいに、一定時間したらメッセージが消える機能もある。

って、それはいるのかな。。。。

 

・社員連絡帳

社員の名前、メールアドレス、会社用電話番号などが一覧できる機能。

 

・工作応用(ワークフロー)

出張申請、経費申請、お休み申請など申請ができる機能。

 

・钉郵

会社メールを確認、送信できる機能。

 

・钉盤

クラウドストレージ機能。外から編集したいファイルをアップロードしておけば、

いつでも、どこでも、どの環境でも編集ができる。

 

 

日本のCybozuとチャットワークの機能を足し上げたようなサービスです。

Cybozuは中国でも展開をされています。

中国語対応グループウェア:サイボウズ中国

チャットワークは展開されていない模様です。

 

アリババグループのグループウェアアプリなので、アリババの資金を

使ってこれからどんどんプロモーションもしてくでしょうし、

これからCybozuは中国では苦しい戦いになると思います。