中国と日本ではたらき自由を目指すビジネスマン

10年8月~17年4月、中国上海で広告の仕事。17年5月に日本へ帰国、中国×金融×マーケティング。自己研鑽を重ね49歳に完全自由を得る過程を綴る。

中国語の平台(ping tai)という単語についての考察

f:id:daotian105:20160713234034p:plain

この何ヶ月かで、よく「平台(ping tai)」という中国語を聞く機会がありました。

 

僕がこれまで理解していた意味とは違う意味合いもあることに気づいたので、

久々に中国語カテゴリ記事として、「平台(ping tai)」という単語の

僕なりの理解を解説する記事を書きます。

 

「平台(ping tai)」とは

「平台(ping tai)」という言葉を最も大きな意味で捉えられる日本語訳は

プラットフォーム」という言葉です。

 

いやプラットフォームって日本語ちゃうやん、って思った人、黙って下さい。

プラットフォームの意味についてはWikipediaを参照してね。

 

 

僕が「平台(ping tai)」という単語に触れた時のほとんどは、

この「プラットフォーム」という意味で理解すれば間違いありません。

  • 開発平台
  • 電商平台
  • ゲーム平台
  • 交流平台

などなど使われ方は色々ありますが、主には「プラットフォーム」で理解できます。


他の「平台(ping tai)」の使い方

このプラットフォームという言葉の大きな概念の下に入ってくる形で、

ときどき中国人は「平台(ping tai)」という言葉を使ってきます。

 

例えばこの前、記事で書いたインターン生の彼が言った言葉。

 

www.china-b-japan.org

 

僕:为什么你想在上海做工作?(なぜ上海で働きたいの?)

彼:因为我想在更大的平台挑战(より大きな平台で挑戦したいから) 

 

この場合「平台(ping tai)」をプラットフォームという訳し方すると、

ちょっと変なんですよね。

上海はプラットフォームじゃなくて、都市だし。

 

この時の「平台(ping tai)」は多分、「チャンスがある場所」という

意味で理解した方がしっくりキます。

 

またこんな使われ方もしてました。

会社経営している友人

我的员工在我平台里工作,我拿多的钱是应该的。

(社員は僕の平台で仕事をしている、僕が多くの収入を得るのは当たり前だ。)

この場合の平台はプラットフォームという意味に近いかもしれませんが、

彼が運営している会社資産、彼が持つ人脈を「平台(ping tai)」と言っています。

 

ということで、この「平台(ping tai)」という中国語、結構な頻度で出てきて

しかも色々な意味を内包しているので、便利で使いづらい単語です。