中国と日本ではたらき自由を目指すビジネスマン

10年8月~17年4月、中国上海で広告の仕事。17年5月に日本へ帰国、中国×金融×マーケティング。自己研鑽を重ね49歳に完全自由を得る過程を綴る。

中国のユニクロの給料について

中国に来てからもかなりお世話になっているアパレルメーカーユニクロ。 仕事で着るYシャツやチノパン、ちょっとしたインナーなどかなりお世話になっています。

蘇州に新しくできたイズミヤ(関西では有名なスーパーです。)。 ここにもユニクロが大きなスペースをとって出店されていました。

もうすぐ夏は終わってしまいますが、まだこちらでは暑い日が続くので、 新しいズボンを購入しようと訪れました。

ユニクロが凄いのは、中国でも日本式のレベルの高いサービスが提供されているところです。

中国ではスターバックスですら不快感を覚えるような接客をされることがあります。 しかしユニクロで未だに不快感を覚えるような接客をされたことがありません。

レジにお客さんが並んでいるとインカムでヘルプを呼び、別のレジカウンターへ 店員さんが入ってきます。 「次のお客様、こちらへどうぞ」と言って手を上げて誘導をしてくれます。

質問をしても笑顔で対応をしてくれます。 以前サイズが見当たらなかったので「データベースで調べて下さい」というと、 レジまで走って行って調べてくれました。 結局商品の在庫はなかったのですが、その際も 「申し訳ありません。この商品は夏物なのでもう他の店舗にも在庫がありません」 と教えてくれました。

この「申し訳ありません。」という言葉、中国ではなかなか聞けることはありません。

柳井さんがガイアの夜明けで語っておられた 「日本の強み、それはおもてなしの心」が徹底されているのです。

研修について店員さんに聞いてみたところ 「だいたい3日間缶詰でやられる。とてもキツイ研修です。」 と言っていました。

恐らく、徹底的に接客や店舗運営について叩きこまれているのだと思います。

さて、タイトルの中国のユニクロ給与についてですが、レジに並んでいる時に、 こんなパネルを見つけました。

少し小さいので見えにくいですが、下記のようなことが書かれてあります。

【採用条件】

  • 18歳~28歳で高卒以上
  • おしとやかで、清潔感のある方
  • 快活で、サービス精神のある方
  • 行動が早く、積極的に業務に取り組める方
  • 小売業の環境、業務時間に適合する方

【昇進ステップと給料】

  • P級:2,500元/月
  • PN級:2,700元/月
  • AP級:3,000元/月
  • SP級:3,700元/月
  • 店舗管理チーム
  • ブランド店店長
  • 更なる発展スペース

かなり細かく給与が設定されているようですね。