中国と日本ではたらき自由を目指すビジネスマン

10年8月~17年4月、中国上海で広告の仕事。17年5月に日本へ帰国、中国×金融×マーケティング。自己研鑽を重ね49歳に完全自由を得る過程を綴る。

中国のネット広告市場(09年度)

以下、引用

2010年8月19日、中国社会科学文献出版社と編集委員会が、「情報化白書:中国情報化情況分析と予測(2010)」を発表した。 報告によると、2009年度の中国インターネット広告市場規模は191億2000万元(約2404億3700万円)に達した。 商品分類別にみると、車の広告が一番多く、次いでファッション、娯楽の順番になっている。

http://www.chinapress.jp/communication/22502/

中国のネット普及率はまだ30%台。 ネットの利用率はまだこれから伸びてくるので、それに伴ってネット広告のマーケットも膨れ上がるのだと思う。

日本にはサイバーエージェントやオプト、セプテーニなどインターネット広告専門の代理店があるが、 はたして中国にはネット専業と呼ばれる広告代理店は存在するのだろうか。

言語もそうですが、この業界のことももっと情報をキャッチアップできるようにしなければ。 というか言語が無いと現地の情報を取得するのが遅れてしまうのでまずは言語ですね。