中国と日本ではたらき自由を目指すビジネスマン

10年8月~17年4月、中国上海で広告の仕事。17年5月に日本へ帰国、中国×金融×マーケティング。自己研鑽を重ね49歳に完全自由を得る過程を綴る。

中国で泥棒にあっても「盗人」とは言うな、絶対に。

2013-07-23_2148

「一番こわいのは盗人です」と言ったら怒られた

前の記事

中国で遭遇したトラブル3年分

でも書きましたが、上海に来たばかりの頃、財布をスられました。

 

後日、当時通っていた中国語の先生に

「皆さんが中国に来る前に最も不安に思っていたことは何ですか?」

という質問を受けました。

丁度財布を盗まれたばかりだったので、勢い良く手を挙げて、言いました。

「盗人です!」と。

そうすると女の先生だったのですが、

「その言葉はイケません!」

と強い語気で言われました。

 

当時、中国語を勉強し始めたばかりなので、泥棒という意味の単語を知りませんでした。

日本語と中国語は漢字文化なので、発音は違えど同じ漢字で同じ意味の単語がいくつもあります。

そのため、泥棒も同じく「盗人」をそのまま訳せばいいのだろうと思っていたのです。

「盗む」は中国語で「偷(tou)」なので、それに人を付けて「偷(tou)人(ren)」と大声で言ったのです。

しかしこれを先生から叱られたのでした。

 

なんで「偷(tou)人(ren)」はイケないの?

では「偷人」は、なぜダメなのでしょうか?

実はこの「偷人」下記のような意味があるのです。

 

他人の男を寝とった女

 

女性に向かっては絶対言ってはいけない言葉ですが、それを先生に向かって言っていたのです。

 

ちなみに泥棒を中国語で言うと

「小偷(xiao tou)」です。

皆さん、気をつけましょう。