中国と日本ではたらき自由を目指すビジネスマン

10年8月~17年4月、中国上海で広告の仕事。17年5月に日本へ帰国、中国×金融×マーケティング。自己研鑽を重ね49歳に完全自由を得る過程を綴る。

ナチス政権を引き合いに出した麻生太郎氏を中国メディアがバッシング

 

2013年8月1日の夜、中国のテレビで麻生太郎

2013-08-03_2352

2013年8月1日木曜日、帰宅して中国のテレビを見ていると、こんな報道が。

といった内容です。

日本でまた何かあったのかと思い、Yahooニュースや日本のテレビ報道をチェックしたのですが、

何も書かれていませんでしたし、報道ステーションでも何も放送されていませんでした。

なので

「あぁ、また中国が勝手に騒いでいるなぁ」

と思っていたのですが、翌日Yahooニュースを見てみると

 

2013-08-03_2336

 

ふぅ、、、またか、と。

 

なぜ日本のメディアより中国のメディアの方が反応が早いのか?

中国のメディアでは大々的に報道されていたのに、日本では8月1日の段階で広く報道されていませんでした。

これはなぜなのでしょうか?

世界のメディアや団体、首脳が騒ぎ出すまで問題無いと思っていたのでしょうか?

というか、そもそも全部日本語で発言しているのに、なぜ世界に伝わるのでしょう?

誰かわざわざ翻訳して、各国に伝えているのかな。

迷惑なことをしてくれますよ、ホント。

 

麻生さんは公人として意識もって下さい

中国のお嫁さんと家族を持つ身の僕にとって、そして中国で働く日本人全員にとって、

政治家、要職についている方々の発言はかなり重いです。

一言一言にもっと気を使って頂きたいです。

よろしくお願いします。

 

でも中国メディアは騒ぎすぎ

全文を読んでみると、確かにナチを肯定しているわけでもなさそうなので、やっぱり中国メディアは騒ぎすぎですね。

この内容を見てなぜナチスを肯定しているように捉えることができるのでしょうか。

何か恣意的に歪んで伝えられているような気がします。