中国と日本ではたらき自由を目指すビジネスマン

10年8月~17年4月、中国上海で広告の仕事。17年5月に日本へ帰国、中国×金融×マーケティング。自己研鑽を重ね49歳に完全自由を得る過程を綴る。

2013年11月12日中国主要新聞3誌の一面記事

 

新京報

五環内に3箇所の住宅提供

 

狂った購入、独身節

昨日も書いた記事

速報、中国の独身節、Tmall(タオバオモール)の売上はいくら?

に関する報道です。

 

楽天でも価格表示が問題になっていますが、Tmallでも同じ問題が発生しています。

もともと3,000元で売られていたものがあったとします。

独身節では半額になるので1,500元で売られているはずなのですが、

もともとの価格設定が6,000元に変更されていて、独身節の半額セールになっても

価格が3,000元のまま、といった問題が起きています。

 

ちなみに僕は日本の靴ブランド、REGALの靴を半額で買いました。

 

新京報、誕生10年

昨日、11月11日で創刊10年だそうです。

 

出生に関する政策、提出済み

ご存知の通り中国は一人っ子政策が取られており、二人目以降の子どもには

罰金が課せられてしまいます。

しかしすでに中国は高齢化社会を迎えており、この危機感から政府は

男女のうちいずれかが一人っ子の場合は子どもを二人産んでも良い

という政策に方針を転換しようとしています。

この政策に関する基本計画がすでに中央政府に提出された、と報道されています。

 

東方早報

改革は三関に直面、上坡路は歩きにくい

翻訳が凄く難しいです。

三中全会が行われており、その改革はもっと行われるべきだが、

色々問題もありますよ

という記事だと思います。

 

台風「風燕」が6省に直撃

 

価格チェックソフトで独身節の偽価格での購入を防ごう

 

上海に冷気。5度も下がる。

あぁ、また寒い冬がやってくる。

 

南方都市報

 

独身節、広東省で約31億元の売上

広東省だけでTmallの売上が31億元になったそうです。

 

広州の公務員がオーストラリアで性犯罪

 

広州、個人住宅情報をセルフで調べられるように

家を購入する時、まだ家を持っていません、という証明書が必要になるらしく、

(中国では不動産価格高騰を抑えるために2件目以降の不動産購入を規制しているから)

その手続をATMのような機械で済ませられる様になったという記事です。

最近、広州ではこういう市民サービスの改善がどんどん実行されていますね。

 

広州、空気汚染がレッドゾーンの場合は3割の公車の運転禁止

 

 

過去の新聞記事一面

こちらから過去の中国主要新聞3誌の一面記事をご覧いただけます。

 

中国に関するオススメ書籍