読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

上海ではたらくビジネスマンのブログ

中国上海から中国のインターネットサービス、広告、ビジネス、ライフスタイルの今を不定期で徒然にレポートします。

中国で振り込め詐欺に遭いかけた話

個人的な日記 振り込め詐欺

photo credit: A Fool and His Money via photopin (license)

photo credit: A Fool and His Money via photopin (license)

 

中国はやっぱり油断のならない国だった

先週、子どもと奥さん、そして奥さんご両親を連れて実家(江蘇省の北)へ車を走らせ、

日帰りの帰省をしていました。

運転片道3時間かけて実家に到着、帰りも3時間運転しなければならないので、

ベッドでうたた寝していたところ、全く知らない番号から電話がかかってきました。

出ると自動音声でこんなことを言い始めます。

 

詐欺電話の一部始終

・詐欺の自動音声

あなたの電話番号は3時間後に凍結されます。

凍結されたくない場合は9番を押しオペレーターの者へ申し出て下さい。

 

・僕の心の声

え?!僕の番号凍結されて使えなくなるの?!

仕事とか銀行とか、クレジットカードとかめっちゃ使ってるから変更したら

めっちゃめんどくさい!9番を押して今すぐオペレーターにつないでもらわねば!

 

9番をポチッ。

 

・詐欺の女

中国移動カスタマーサポートです。

 

・僕

あっなんか自動音声で僕の番号が凍結されるって言われたんですけど。

 

・詐欺の女

そうなんです。

9月2日に上海の長寧区にある中国移動のお店で新しく電話番号を申請されましたよね?

150-(わすれたけど、電話番号を言われた。)です。

この番号から大量のスパムメールが送信されており、公安局から凍結するように指示がきました。

今回、あなたのパスポート番号がひもづいているので、今電話している138-****の番号も

一緒に凍結されてしまいます。

 

・僕

え?9月2日に僕がパスポート持って新しい番号を申請したんですか?

 

・詐欺の女

ええ、そうです。

その時に新しい番号を申請されて、その番号を使ってスパムメールが配信されています。

 

・僕

マジで?!僕、申請してませんよ、そんなの。

9月2日っていうことは休みの前の日ですよね?(9月3日は戦勝70周年記念で休みだった)お店にもいっていません。

っていうか、僕日本人なんだけど、パスポートで申請されたんですよね?

 

・詐欺の女

え?外国人なんですか?えーっと・・・・はいパスポートで申請されています。

(なんかパソコン画面で調べた風な感じだった。)

 

・僕

おかしいなぁ。お店にも行ってないし。

(ちょうどその時に居留許可の更新があったためパスポートを会社に預けていた。

もしかしたら人事部のあの娘が僕のパスポートを使って勝手に申請したんじゃ。。。

いや、それか前失くしたパスポートで申請されている?!)

参考: パスポートを紛失した!再発行までの手続きの流れ。 | 上海ではたらくビジネスマンのWEBサイト パスポート紛失
あの、僕の申請されているパスポート番号ってTH(紛失したパスポート番号)で始まるやつですか?

それともTR(現在のパスポート)で始まるやつですか?

 

・詐欺の女

申し訳ありません。個人情報に関わる内容ですし、この電話も録音されているので、

私から申請時に提出されたあらゆる個人情報をお伝えすることができません。

 

(この時点で詐欺と気づけばよかったのに。

そう言えば生年月日とかで本人確認もしなかった。向こうは知らないから。)

 

・僕

マジでかー。

ちょっと待って、あと3時間くらいで凍結されるんだよね?

何とかならないかな?

 

・詐欺の女

うーん、ちょっと待って下さい。

ボスに確認します。

 

※声が遠くなった。多分受話器を口元から話して隣のボスと話してる(風)

多分、これも信じさせるための演出。

 

なんか日本人らしくて、お店に行って申請した覚えがないっていってるんですけど。

(ボスってすぐ隣に座ってるんや、とちょっと不思議に思った。)

 

・詐欺ボスの男

お電話変わりました。

中国移動カスタマーサポートマネージャーの丁と申します。

あなたの状況についてもう一度説明します。

聞き取れなかったらゆっくり話すので言って下さい。

 

9月2日に上海長寧区の水城路店であなたのパスポートを使って、新しい番号が申請されました。

確かに本人確認がされ、150-云々の番号が開通されています。

しかしその後、この番号を使って大量のスパムメールが送信されました。

公安局からの通報・指示を受けて、あなたのパスポートに紐づく番号を全て凍結するように言われています。

更に法律的責任も問われます。

 

・僕

え。。。。法律的責任?(何か話がでけぇな。まぁいい、とりあえず番号凍結だけは回避しないと。)

事情はわかった。

とにかく僕はお店にも行ってないし、パスポートが手元に無いので本人が行けるわけがない。

だから新しい番号も開通できてないから、もう一度店舗に電話して確認してくれないか?

 

・詐欺ボスの男

申し訳ありません。既に公安局からの指示が入っているので、無理です。

 

・僕

ぐっ(社会主義め)。

わかった、もうすぐ中国人の嫁が帰ってくる。

僕は中国語が上手くないから、多分あなたに僕の真意というか、言いたい内容が伝わっていない。

ちょっと待ってくれ。

 

※と言っている間に奥さんが帰ってくるが見えた。階段を下りて奥さんの方へ走っていく。

 

・僕(日本語で)

どんだけ長い買物やねん!こっちは大変な事になってるねんぞ!(怒)

中国移動からなんか電話かかってきて、俺の番号が止められるねん!

説明できひんから、電話代わってくれ!

 

・嫁

えー!分かった!(電話を代わり向こうの話を聞いている)

はい、はい、なんで?・・・・・・・・・ポチっ(電話を切った)

 

・僕(僕)

おっ、、、おい!何してるねん!

なんで電話切ってるねん!

 

・嫁

詐欺だよ、詐欺!

 

・僕

??????詐欺?

 

・嫁

まず電話番号を見て下さい。

これは中国移動の公式電話番号ではありません。

そして向こうで話している男の口調、南の方の方言が入ってる。

詐欺の人たちには南の方の人が多いの。

こんなありきたりな詐欺話、相手にする必要ないよ。

 

・僕

マジでかーーーー!

 

・嫁

念のため中国移動の公式電話に電話して確認してあげる。

 

※まぁ電話したら全く異常なし。

 

 

中国に来てはや5年、まだまだ油断ならぬ国じゃ。

 

くやしーーーーーー!