中国と日本ではたらき自由を目指すビジネスマン

10年8月~17年4月、中国上海で広告の仕事。17年5月に日本へ帰国、中国×金融×マーケティング。自己研鑽を重ね49歳に完全自由を得る過程を綴る。

百度(バイドゥ)の中国検索エンジン市場シェア

百度:中国サーチエンジン市場シェア83.6%

2011年2月16日、中国市場調査コンサルティング、アイリサーチが最新のインターネットサーチエンジン調査報告を発表した。 報告によると、2010年第4四半期における、百度サーチエンジン市場シェアは、 2009年同期比6.5%増の83.6%に拡大、史上最高値を更新した。 一方グーグルサーチエンジンの中国市場シェアは、2009年同期比6.4%下落し、11.1%にまで縮小した。

ますます百度の独占化が進んでいます。

私の周りの中国人も全員百度ユーザーです。 使う理由はやっぱり速度ではないか、と思っています。

百度と谷歌(Google)で検索をすると明らかに検索結果の表示スピードが違います。 また時に谷歌(Google)の方はつながらず、ページが表示されなかったりします。

さすがにこれではユーザーに利用してもらえません。 と言っても、恐らくこれはGoogleの問題ではなく、中国政府の規制によって、香港へ自動的にリダイレクトしているからと思われます。