中国と日本ではたらき自由を目指すビジネスマン

10年8月~17年4月、中国上海で広告の仕事。17年5月に日本へ帰国、中国×金融×マーケティング。自己研鑽を重ね49歳に完全自由を得る過程を綴る。

中国版Slack、钉钉(DingDing)が凄い。

f:id:daotian105:20180530162114p:plain

中国版のSlack 钉钉(DingDing)というツールをご存知でしょうか?

勝手に私が中国版Slackと呼んでいるだけなのですが、実はSlackよりも

もしかしたら凄いかもしれません。

 

 

 

钉钉(DingDing)の公式サイト

www.dingtalk.com

 

钉钉(DingDing)の基本的機能をおさらい

チャット機能

f:id:daotian105:20180530170044p:plain

端末に依存することなく、仕事仲間、取引先とチャットができます。

 

音声通話

f:id:daotian105:20180530170149p:plain

つながってさえいれば、音声通話も動画通話もできます。

 

HR系

f:id:daotian105:20180530170754p:plain

外出や出張申請、残業、勤怠関係もできるようです。

 

社内告知、スケジューリング

f:id:daotian105:20180530171010p:plain

いつからいつまで休みだよー、といった告知や会議室の予約など

 

Mobileオフィス

f:id:daotian105:20180530171102p:plain

今日は在宅勤務というときに、今から仕事しますと顔認証すれば出勤、

外出先で日誌を書いたりも可能。

 

オンラインストレージ

f:id:daotian105:20180530171303p:plain

仕事で使うファイルを钉钉(DingDing)のストレージにアップ。

いつでも、どこでも外部からファイルにアクセスが可能。

 

钉钉(DingDing)はどこの会社が提供しているのか?

中国の巨大IT企業、アリババグループです。

アリババは淘宝網や天猫、Alipay(支付宝)などを運営する中国の巨大IT企業です。

中国版AWS、Aliyun(AliCloud)というサーバーサービスも展開しており、

例えば、ストレージはAliCloud上にストアされるようです。

 

ソフトだけではなくハードウェアの提供も

f:id:daotian105:20180530171754p:plain

面白いのはこのようなソフトウェアの提供だけではなく、ハードウェアも販売しています。

 

顔を識別して出勤退勤チェック

f:id:daotian105:20180530172414p:plain

自動で顔を識別し、このカメラの横を通るだけで出勤。

 

ルーター

f:id:daotian105:20180530172712p:plain

钉钉(DingDing)経由でパスワードを入力しなくてもWiFiに接続できる。

AチームはAルーターを、BチームはBルーターを使うなど、同じオフィスにいながら

使用するルーターを制限できる。

 

無線出退勤

f:id:daotian105:20180530173202p:plain

社員のスマホに钉钉(DingDing)が登録されていたら、オフィスの入口付近を

通るだけで出勤したことになる。

 

プロジェクター

f:id:daotian105:20180530173256p:plain

钉钉(DingDing)を使えばHDMIなどでつながずともPCやMobileの画面を、

テレビやプロジェクターに簡単接続。

f:id:daotian105:20180530173428p:plain

 

プリンタ

f:id:daotian105:20180530173523p:plain

ヒューレット・パッカード社と提携した製品。

钉钉(DingDing)ルーターを経由することで、スマホからも印刷が可能。

f:id:daotian105:20180530173634p:plain

 

使い勝手はどうなのか?

今、実際中国のベンダーとチャットをするときに使っています。

PCをメインに使うので、あとから「あれ?あのときどんな会話をしたっけ?」

ということ用意に検索することができます。

 

もちろんWechatでも良いのですが、Mobileがメインで作られているので、

どうも後から履歴を辿るというのがやりづらいんです。

 

更に钉钉(DingDing)はどの端末でも、会話履歴が同期されるので、

PCで見ようが、iPadで見ようが同じ履歴を辿ることができるのが便利です。

 

ファイルの保存やキャプチャ画像も、Wechatはすぐに有効期限が切れてしまいますが、

钉钉(DingDing)は今の所、かなり長い期間後から見直すことができます。

 

ぜひ、中国の人と仕事するときに使ってみてください。