中国と日本ではたらき自由を目指すビジネスマン

10年8月~17年4月、中国上海で広告の仕事。17年5月に日本へ帰国、中国×金融×マーケティング。自己研鑽を重ね49歳に完全自由を得る過程を綴る。

今回の出張で感じた中国景気に関する所感

f:id:daotian105:20190123091107j:plain

今回の出張で行った上海でパチリ

 

先週、1月16日から19日まで上海へ出張に行ってきました。

友人、会社の人、取引先などと話をしている中で聞いた話や、

それに対する個人的な所感を書きたいと思います。

 

 

日本で発信されるニュースはネガティブ傾向

www.bbc.com

中国のGDP成長率が低水準であると報じられ、話題です。

 

これに対する私の考えですが、母数が大きくなってきているので、

成長が鈍化するのは当然だ、という意見です。

それでも年間を通して6.6%も成長しているのは、ある意味スゴイことだと思います。

 

ecodb.net

ここを見ると日本の経済成長率はバブル時期ですら4%~5%台がほとんどです。

今の日本はいわんや、、、ですね。

 

で、中国の景気の話に戻ります。

 

上海の金融街陆家嘴の様子

私が上海へ行った時期は春節前なので、そのせいかもしれませんが、

朝も夜も歩いている人がすくない印象でした。

 

街中を走る車は、やはり相変わらずBMWやベンツ、ポルシェカイエンなど、

高級車が普通に走っていました。

 

一方で、

 と書いた通り、やはり緑色グラデーションナンバーがめっちゃ多いです。

 

またお客さんとここで晩ごはんを食べました。

www.tripadvisor.jp

パークハイアットホテルの91階にあり、上海を一望できる絶景レストランなのですが、

お値段も結構絶景な感じのレストランです。

僕は経費でいただきましたが笑

ここに来ている人たちも家族連れ、若いビジネスマンと思われる方などで、

席も7割~8割が埋まっていました。

普通の人でもこのような高級レストランにも普通に来る、もしくは来られるくらいの余裕はまだ残っているというのが僕の印象です。

 

が、一方で・・・・

 

友人、同僚との話

DiDiの運転者はリストラされた

同僚がある日DiDiでタクシーに乗り、運転手と話をしていると

  • 俺も嫁もリストラされた
  • だから夫婦でDiDiの運転手をして稼いでいる

DiDiとは何か?については以下の寄稿記事を御覧ください。

36kr.jp

 

新卒採用が抑制されている

  • 友人の友人が地元(吉林)で大学の先生をやっている
  • これまではIT系、金融系の求人が多くあった
  • 今年は採用枠が大幅に減っている

 

などなど、あまりいい感じではなさそうでした。

 

エンジンである不動産価格は上げ止まり

f:id:daotian105:20190123170918p:plain

全国、北京、上海、蘇州の住宅価格推移

これも全部のデータを網羅できているかわかりませんが、使いやすいグラフが

あったのでキャプチャを取りました。

Sourceはこちら。

百城价格指数,百城价格,百城价格指数走势-指数研究-房天下产业网

 

これを見ると2016年9月以降は上がり方が緩やか、もしくはステイですね。

中国人がなぜ消費や投資が旺盛でいられたかというと、その一つの理由として

保有している不動産の価格が上がり続けるという自信があったからだと考えます。

これが上げ止まっていると、抑制は逃れられません。

 

 

僕の所感

GDPの成長率が鈍化するのは当たり前なので大騒ぎはしなくても良い、

ましてやアメリカと貿易戦争を仕掛けられているのに、この伸び率を維持したのは

むしろ底力がまだある、というのが僕の意見です。

 

2019年3月までの米中貿易戦争の交渉期限まで、予断は許しませんが、

中国の景気については、希望的観測も含めてまだ楽観、です。