中国と日本ではたらき自由を目指すビジネスマン

10年8月~17年4月、中国上海で広告の仕事。17年5月に日本へ帰国、中国×金融×マーケティング。自己研鑽を重ね49歳に完全自由を得る過程を綴る。

中国のクレジット返済はWechatPayよりAlipayの方が良い

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/d/daotian105/20170327/20170327224518.png

先月、今月の中国出張で、クレジットカードを使って決済しました。

このクレジットカードは中国で作ったクレジットカードなので、人民元建て決済です。

 

僕が持っているのはJALと浦東発展銀行が作ったJCBブランドのカード。

f:id:daotian105:20180125174730p:plain

 

で、先日21日に締め日がありSMSが来ました。

f:id:daotian105:20180125175916p:plain

 

クレジットの返済は自動引き落としもできる、と思うのですが、

僕はなぜか手動で返済する流れになってます。

他の中国人も手動で返済しているので、中国ではそっちの方が主流?なのかも。

 

で、このクレジットカードの返済、WechatPay、Alipayを経由して返済できます。

 

 

まずはWechatで試してみました。すると

f:id:daotian105:20180125180611p:plain

2.3元の手数料が取られています。

細則を見ると

f:id:daotian105:20180125180643p:plain

1ヶ月5,000元までは無料だけど、それを超えたら超えた分の0.1%を

手数料として頂きますよ、という内容でした。

 

ではAlipayはどうでしょう。

f:id:daotian105:20180125180829p:plain

特に手数料を取られることなく返済が完了しました。

 

クレジットカードの返済に関して言えば、Alipayに軍配ですね。