中国と日本ではたらき自由を目指すビジネスマン

10年8月~17年4月、中国上海で広告の仕事。17年5月に日本へ帰国、中国×金融×マーケティング。自己研鑽を重ね49歳に完全自由を得る過程を綴る。

香港は34人に1人が、北京は83人に1人が、上海は105人に1人が純資産1.6億円以上!

ニュースサイトで見かけた記事。

タイトル通りなのですが、

 

香港人はやっぱり金持ち多いなー!という印象です。

下記は、金融純資産が1千万元(1.6億円)を持つ人の割合を出したものだそう。

上から

香港:34人に1人

北京:83人に1人

台北:86人に1人

マカオ:91人に1人

上海:105人に1人

という風に並んでいます。

 

f:id:daotian105:20170919202358p:plain

 

で、この表は割合ではなく総量を書き出したもの。

f:id:daotian105:20170919202619p:plain

左側は1,000万元(1.6億円)以上の純資産を持つ人の総量。

右側は1億元(16億円)以上の純資産を持つ人の総量。

北京だけで17,500人もいる・・・・。

 

じゃ、なんでそんなに儲けたの?というのが下記の表。

f:id:daotian105:20170919202730p:plain

55%が企業家、20%が金領、15%が不動産転がし、10%がプロ株トレーダー。

 

で、この金領って何なのさということなのですが、

ブルーカラー:蓝领

ホワイトカラー:白领

ゴールドカラー:金领

ということで、つまり企業はしてないけど、大きめの企業の経営層とか、

高級管理職についている方のようです。

 

調べたらだいたい40歳~45歳くらいに多いそうなのですが、

いやいや45歳で1億6,000万円の純資産とか作られへんでしょ・・・・。

 

 

8月に銀座を家族で歩いていたのですが、集団で練り歩く中国人がいたんです。

あまり静かといは言えないボリュームで話していて、煙たそうに、

そして馬鹿にするような目で見る日本人たちという構図を見かけました。

 

別にお金ばかりじゃないけれど、思ったのは

「バカだなと思って見てる多数の日本人の総資産を足し上げても、バカにされてる数十人の中国人資産には到底及ばないだろうなぁ」

ということ。

 

中国人の金持ちはほんまに桁違いに金持ち。

 

0.1%でもいいから、オコボレをもらえるように仕事に邁進しよう、

と思った記事でした。