中国と日本ではたらき自由を目指すビジネスマン

10年8月~17年4月、中国上海で広告の仕事。17年5月に日本へ帰国、中国×金融×マーケティング。自己研鑽を重ね49歳に完全自由を得る過程を綴る。

中国のオンライン決済の市場規模とアリペイ、Wechatペイ、銀聯の市場シェア

中国のオンライン決済サービスが話題になることが多くなってきました。

 

toyokeizai.net

 

中国のオンライン決済の市場規模の伸び具合、その市場シェアが

中国のサイトで記事になっていたのでシェアします。

 

2016年第二四半期から2017年第二四半期のオンライン決済市場規模推移

f:id:daotian105:20171012184959p:plain

2017年第二四半期の決済額は既に、35兆元にまで達している模様です。

さ、35兆元?!!

2017年10月12日のレートが1RMB=17.05円なので、

35兆元 × 17.5円 = 596兆7,500億円

です。

マジでかー!

 

2017年第二四半期のオンライン決済市場シェア

f:id:daotian105:20171012185521p:plain

アリペイ:39.03%

テンセント:27.01%(WechatペイとQQ財布の合算)

銀聯:16.98%

でこの3サービスだけで83.02%も占めているのですね。

 

2016年第二四半期から2017年第二四半期のモバイルオンライン決済市場規模推移

f:id:daotian105:20171012185836p:plain

モバイルのオンライン決済市場は2017年第二四半期は23兆元。

23兆元 ÷ 35兆元 = 65%

ということで、つまりオンライン決済のうち、65%がモバイルで行われている、

ということですね。

 

2017年第二四半期のモバイルオンライン決済市場シェア

f:id:daotian105:20171012190127p:plain

アリペイ:53.70%

テンセント:39.12%(WechatペイとQQ財布の合算)

 

記事の最後はこんな風に書かれて締めくくられています。

モバイル決済により中国人の生活は本当に便利になった。

そしてこのモバイル決済は中国人の誇りと言っても良い。

海外のニュースを見たり、海外に出かけることがあれば分かると思うが、

世界中にこの中国発モバイル決済が浸透し始めている。

中国国内にとどまらず、世界の人の生活を便利にしているのだ。