中国と日本ではたらき自由を目指すビジネスマン

10年8月~17年4月、中国上海で広告の仕事。17年5月に日本へ帰国、中国×金融×マーケティング。自己研鑽を重ね49歳に完全自由を得る過程を綴る。

少林サッカーに出演していた中国の女優ヴィッキー・チャオ(趙薇)、証券法違反で罰金刑

中国の女優ヴィッキー・チャオ(趙薇)をご存知でしょうか。

名前を聞いただけでは分からないと思いますが、映画少林サッカーに

出演していた丸坊主のあの女性と言えば分かると思います。

f:id:daotian105:20171110182430p:plain

 

少林サッカーではふざけていましたが、かなりの美人。

この記事でも取り上げていました。

www.china-b-japan.org

 

そんな彼女が証券法違反で罰金刑をくだされています。

 

f:id:daotian105:20171110182631p:plain

記事によると、事件の顛末はこうです。

 

 

 2016年11月

ヴィッキー・チャオ(趙薇)は配偶者である黄有龙と龙薇传媒という会社を設立。

資本金は200万元。

シェルフカンパニー(Shelf Company)と呼ばれ、実際には何も営業していない会社。

 

2016年11月28日

上場企業の万家文化(時価総額100億元)の会社の株が取引停止に。

この時の株価は18.83元。

※この時から既に龙薇传媒による買収が動きだしていた?

 

2016年12月29日

龙薇传媒は中信銀行杭州支店と、上場企業の万家文化という会社の買収プランを相談。

万家文化は100億元の企業価値がある大企業。

この際に、ヴィッキー・チャオ(趙薇)夫妻は6,000万元の自己資金を提示。

経営権を握るために30億元の融資を中信銀行杭州支店に打診。

1回目が12億元、2回目が12億元、3回目が残りの6億元を融資する方向で調整。

中信銀行杭州支店は早速、融資のための審査に入る。

 

2017年1月12日

万家文化はIRを発表。

金融機関の審査が終わり1月31日に、万家文化の買収が完了することを発表。

これを受け取引が再開され、株価は急上昇。4日間連続でストップ高に。

1株25元にまで値を上げる。

f:id:daotian105:20171110185628p:plain

 

しかしこの時、中信銀行は龙薇传媒に対して30億元の融資を確定させていない。

十分な買収資金が確保できていないので、1月31日に買収が完了することはあり得ず、

これは虚偽の報告であると証券取引委員会は結論づけている。

 

2017年1月20日

万家文化は龙薇传媒より、

・中信銀行からは融資がされないこと

・他の銀行とも話をしたが今すぐ融資には応じられないこと

・期限までに集められるのは1.9億元のみ

・そのため1月31日に買収が完了できないこと

を共有される

 

2017年2月8日

再び万家文化の株は取引停止に。

取引停止の間に、株式譲渡の比率をもともと予定していた29.135%から5%に変更。

 

2017年2月16日

万家文化はIRで、この事実を発表。

株価は値を下げつづけた。

 

2017年4月1日

万家文化は正式に龙薇传媒による買収計画破棄を発表。

株価は下落を続けた。

 

2017年8月

万家文化は会社名を祥源文化に改名。

 

 

2017年11月9日

中国証券監督委員会が以下の懲罰を発表。

ヴィッキー・チャオ(趙薇):30万元の罰金及び証券市場から5年間追放

旦那の黄有龙:同上

万家文化の社長孔德永:同上

龙薇传媒(法人):60万元の罰金

万家文化(法人):60万元の罰金