読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

上海と日本ではたらくビジネスマン

中国上海から中国のインターネットサービス、広告、ビジネス、ライフスタイルの今を不定期で徒然にレポートします。

中国株日記-MEITU(美図-美图)、上場後初の決算は散々な結果に

f:id:daotian105:20170328191521p:plain

以前、書いたこの記事の続きです。

 

www.china-b-japan.org

 

2016年12月15日に香港市場へ上場。

Tencent社以来の大型上場と言われていまして、3月24日に上場後初の

2016年1年間の決算資料が公開されました。

 

これがMEITUから出された主要な財務項目。

f:id:daotian105:20170328192445p:plain

赤字部分が、最終的な当期純利益です。

5.4億元の赤字です。

2015年度は7.1億元の赤字なので、赤字額は圧縮されていますね。

 

下記はアクティブユーザー数などの指標。

f:id:daotian105:20170328192804p:plain

上から

全体月間アクティブユーザー数:4.5億

主要アプリである美图秀秀というアプリの月間アクティブユーザー数:1億

美顔カメラ:1.2億(赤枠部分)

と続いていまして、主要アプリが美图秀秀→美顔カメラに変わったみたいですね。

 

下記がPL(損益計算書)です。

f:id:daotian105:20170328194444p:plain

問題は赤枠の部分。

これは営業利益なのですが、既にこの時点で6.5億元の赤字になっています。

本業でも儲かってないということですね。

 

下記は売上の構成比。

f:id:daotian105:20170328195124p:plain

上がネットサービス系の売上、下がハード機器販売の売上。

ハード機器販売の売上で93%も占めています。

 

ハード機器というのは、要は自撮りに特化したスマホ。

f:id:daotian105:20170328195254p:plain

こんなやつですね。

Xiaomiのビジネスモデルに近しいんだと思うんですが、HUAWEIやOPPO、Vivo

といったスマホブランドが伸ばしている中、これ以上シェアを撮るのは難しいかも。

 

 

もちろん僕は、この株を買わないんですが、赤字だからと言って、

これからもMEITUの未来が暗いかと言われると、正直分からないですね。

 

中国では一定のシェアを持つアプリですし、僕の周りにも2人、MEITUの

スマホを使っている人がいます。

中国の会社というか、中国での商売って、ある臨界点を超えると、

一気に、それこそ爆裂に儲かりだす印象があって、このMEITUも、もしかすると

来年からグワーーーンと収益を出し始めるかもしれません。

 

まぁ、僕は買わないのですが。

 

 

僕が買いたいのは、やっぱり360。

あぁ、早く中国市場に上場しなおして欲しいなぁ。

360関連の記事は下記です。

かれこれ、このブログで5回も取り上げてる。

それほど狙っている銘柄なのです。 

www.china-b-japan.org

www.china-b-japan.org

www.china-b-japan.org

www.china-b-japan.org

www.china-b-japan.org