中国と日本ではたらき自由を目指すビジネスマン

10年8月~17年4月、中国上海で広告の仕事。17年5月に日本へ帰国、中国×金融×マーケティング。自己研鑽を重ね49歳に完全自由を得る過程を綴る。

FXの練習トレード日記(2017年8月09日)-今日はいくら利食い、いくら損切りするか?-追記

正直に申し上げて僕はFXのど、が付くほど初心者。

勉強をするためこうやってデモ口座での練習トレード日記を書いていきたいと思う。

 

何からやったらいいのか、まず何を見るべきかさえ分からない。

 

仮説だが、まずはトレンドとやらを見るべき、なのだと思う。

つまり今の相場は上がり相場なのか、下がり相場なのか。

 

メジャーなUSD/JPYを見てみる。

それっぽくレジスタンスラインとサポートラインを引いてみた。

図は日足。

f:id:daotian105:20170809185417p:plain

現在価格は1ドル109.8円くらい。

ちょっと図では過去まで見すぎているので、もう少し拡大して直近を見てみる。

 

f:id:daotian105:20170809190046p:plain

なんとなくだけど、下落のような印象を受ける。

 

今度は週足で見てみる。

f:id:daotian105:20170809190144p:plain

トレンドとしては弱いかもしれないけれど、やっぱり下に下がってる印象。

 

でもなんとなくなので、こんなのでは怖くてショートポジションを持てない。

他に何かトレンドを探ることができる指標、ツールは無いだろうか。

 

で、これまで読んだ本とかネットだと移動平均線がいいらしい。

移動平均線を学ぶにはこの記事がすんげー分かりやすかった。

ありがとうございます。

toushi-kyokasho.com

 

この記事にある通り、

25日移動平均線:黒線

75日移動平均線:青線

200日移動平均線:オレンジ線

をチャートに表示させてみた。

 

f:id:daotian105:20170809191122p:plain

 

記事によると移動平均線とローソク足の位置関係で、現在の相場状況を

ざっくりと把握できるらしい。

 

  • ローソク足が移動平均線より“上”にあるときは“強気(=上昇)相場”
  • ローソク足が移動平均線より“下”にあるときは“弱気(=下降)相場”
  • ローソク足と移動平均線が重なっているときは“横ばい相場”

 ということのようだ。

 

今、僕が入れた25日移動平均線(青色)はロウソク足より下にあるので、

下降相場、だということなのだと思う。

 

なので、これでショートポジションを持ってみた。

1ドル=109.802

1,000単位というビビり。

でポジションを持って、約10分。ずっと損失状態です。

もうしばらく待ってみよう。(19時29分)

1ドル=109.807

19時33分、ようやく損益分岐点に到達し、含み益が!

1ドル=109.795円

が、また含み損に戻り、、、、といったことを繰り返しています。

19時45分、また損失が膨らんでます。

なかなか思うどおりに動かないものですね。

20時00分

これまでに無いくらい損失が膨らむ。

6pips上がって0.52ドルくらい損失(笑)

 

現在もロウソク足、移動平均線の位置関係は変わらないので、

下降トレンドというのは変わらないと思われる。

お腹も空いたので、一旦ポジションは決済せず、そのまま持ち続けてみよう。

 

【追記】

結局、帰宅し電車の中で、スマホからチャートをチェック。

すると含み益が出ていたので決済。

109.802→成行売

109.780→成行買

で2pipsの収益でした。

 

利食いがちょっと早かったかなー、と思ったのですが、

いつも拝見しているブログの先輩から

 

とのことなので、結果オーライに。 

 

・反省点

サポートラインとレジスタンスライン

移動平均線

でおおまかなトレンドを把握してみたけれど、この論拠だけで、

エントリーするのはちょっと不安。

他にも色々ロジックを探してみるべし。