中国と日本ではたらき自由を目指すビジネスマン

10年8月~17年4月、中国上海で広告の仕事。17年5月に日本へ帰国、中国×金融×マーケティング。自己研鑽を重ね49歳に完全自由を得る過程を綴る。

新居への転居完了、引っ越し費用は9,000円!!余計な金は払わない主義。

2017年9月2日にマンションを購入しました。 

www.china-b-japan.org

 

売主さんのご都合で、2018年3月下旬の引渡しとなり、

先日不動産会社さんで司法書士さん立ち会いのもと、決済をしてきました。

 

購入価格は約5,000万円。

頭金を1,600万円入れて、約3,400万円がローン。

10年間は住宅ローン減税が受けられるので繰り上げ返済は行わず、

節税メリットを最大限享受し、遅くとも15年目には全返済が目標です。

 

3月18日に第二子誕生、翌週に引渡し&引っ越しと慌ただしい年度末でした。

 

引っ越しにかかった費用は9,000円

今回の引っ越し、ほとんど自前で行い9,000円に収まりました。

なぜそんなに安く収まったのかというと

  • 賃貸していた家から新居までは歩いていける距離
  • 2017年8月から賃貸、翌月に新居を購入していたので物を最低限に
  • 中国人ネットワークを使い中国人が個人でやっている引越し業者を雇う
  • 養生はスーパーからもらってきたダンボール(笑)
  • ハウスクリーニングは両親と一緒に

という理由です。

 

賃貸していた家から新居まではほんの数百m。

歩いて行ける距離なので、

「細かいものは後からでもハンドキャリーでいけるっしょー」

という安心感がありました。

 

更に賃貸を開始してから、新居購入まではちょうど1ヶ月。

なので嫁にも、子どもにも

「余計なものは一切買うな」

という厳格なルールを設けていました。

おかげで1人で運べないものは冷蔵庫、洗濯機、ソファの3つのみで済みました。

 

さらにさらに中国人ネットワークを使い、日本に住む中国人向けに引っ越しを

する個人でやっている人を雇いました。

彼への支払いが9,000円でした。

 

あと新居へ引っ越しする前に、新居の管理人さんへ下見を兼ねてご挨拶。

「え?自分で引っ越しするんですか?」と驚かれました(笑)

「ちゃんと養生してくださいね」と結構、厳しめに言われたので、

ネットで探して養生する素材をレンタルしようと思いました。

 

f:id:daotian105:20180331210449p:plain

 

「レンタルだけで数万円かかるやん・・・・」と困っていたところ、

ちょうど引っ越しシーズンで業者が養生をしていたため、それを研究。

 

『いやこんなん、ダンボールで養生すればいいでしょ』

と思い、近くのスーパーを何回か往復してダンボールを大量調達。

バラバラにして要所、要所に養生テープで貼り付け養生しました。

 

次にハウスクリーニング。

これには私の両親、そして嫁のお義母さんを動員。

3LDKの75㎡なのですが、半日でめっちゃキレイになりました。

これも、もし外注していたら

f:id:daotian105:20180331210736p:plain

6万円以上かかっちゃいます。

 

今回の引っ越しでかかったトータル費用は

・引越し業者の彼への9,000円

・引っ越し用具の4,500円

f:id:daotian105:20180331210943p:plain

・リサイクル毛布の7,128円

f:id:daotian105:20180331211148p:plain

で合計20,628円でした。

 

SUMOで引っ越し費用の目安が掲載されています。

f:id:daotian105:20180331211551p:plain

僕の場合、だいたい93,000円くらいかかるそうなので約70,000円節約できました。

ハウスクリーニングも60,000円節約できているので、合計130,000円です。

 

ただし!!

 

嫁が第二子を出産したばかりだったので、引っ越しの戦力にはなりませんでした。

そんな時、実家の両親、そして近くに住む親友が仕事を休んで手伝ってくれました。

彼がいなかったら本当に無事に引っ越しできていませんでした。

次、もし引っ越しするなら金で解決します。。。。

友人と両親に感謝。