中国と日本ではたらき自由を目指すビジネスマン

10年8月~17年4月、中国上海で広告の仕事。17年5月に日本へ帰国、中国×金融×マーケティング。自己研鑽を重ね49歳に完全自由を得る過程を綴る。

【雑記】やっぱり地球は旧暦で動いてる、風水とかも多分真実なのかなぁ

f:id:daotian105:20170213202250p:plain

中国の春節は、毎年、西暦の日付けでは違う日付けになっています。

例えば2017年は1月28日が春節、2016年は2月8日でした。

こんな感じで毎年、違う日付けなんですね。

 

西暦で生活しているので、日付けが変動するのは面倒なのえすが、

気候を見ていると、

「確かに地球というのは旧暦で動いているんだなぁ。」

とつくづく思います。

 

というのも、春節が明けた先週から目に見えて日が長くなりました。

春節前までは17時には、もう辺り真っ暗状態だったのに、今日なんか

18時になっても、まだ明るい。

 

それに、昨日くらいから、明確に気温が暖かくなってる。

まだ寒暖差の激しい日々が続くと思うけど、頻度で言うと、

1週間のうち暖かい日の割合が増えています。

 

人間は悠久の歴史の中で、何度も春夏秋冬を繰り返し経験し、

その法則性を見つけ、旧暦で綴っていったのかなぁ、としみじみ思うのです。

この法則性は(気候変動などあるけれど)不変なのだなぁと。

 

この考えから発展、というか飛躍して、これまで全く信じてなかった、

風水

というのも、長い長ーい歴史の中で人類が見つけた法則性で、

実は結構、当たっている部分があるのかもなぁ、なんて思うわけです。

風水も中国で産まれた思想ですよね。

 

僕は無宗教派で、霊的なものは信じないけれど、風水っていうのも、

これから学んで人生に活かせそうな気がするなぁ、と思った日記記事でした。