中国と日本ではたらき自由を目指すビジネスマン

10年8月~17年4月、中国上海で広告の仕事。17年5月に日本へ帰国、中国×金融×マーケティング。自己研鑽を重ね49歳に完全自由を得る過程を綴る。

初めて外国語というモノがあることを知った時の衝撃。小学4年生の思い出。

僕が初めて外国語という存在があることを知ったのは、多分小学4年生。

ローマ字を学ぶのが、僕の時は小学4年生からだったから。

(今は小学3年生から学ぶらしい)

 

姉は僕の8つ上。

彼女は当時大学受験まっただ中で、英語を学んでいた。

受験勉強している所を見かけたある日の1コマ。

 

僕:お姉ちゃん、大学行くのにまだローマ字勉強してんの?

姉:これローマ字と違うで。英語やで。

僕:いや、僕が今勉強してるローマ字やん。

姉:ローマ字と英語は違うで。

僕:どう違うの?

姉:アルファベットで日本語を書くのがローマ字やろ。

僕:じゃ英語は?

姉:英語は・・・・英語やん。日本語とは関係ない。

僕:え?どういうこと?

姉:うーん、例えばな、あんたがやってる野球って言葉あるやろ?

僕:うん

姉:野球をローマ字で書いてみ

僕:Yakyu(と紙に書いた)

姉:せやな。でも英語で書いたらBaseballやねん。

僕:バセバル?

姉:違う、ベースボールって読むねんで。

僕:ちょっと待って!ほんなら、日本語と英語って全く違うの?!

姉:そうやで。

僕:1個1個、野球はベースボールって覚えなあかんの?!

姉:そうやで。

僕:紙はkamiやなくて?

姉:kami、やない。

僕:えっと例えば、机とかえんぴつとか全部違うやつ覚えなあかんの?!

姉:机はtable、えんぴつはpencilや。

(具体的な単語は忘れたけど色々例を挙げられ諭された。)

僕:(絶句)嘘やん!絶対無理やん!無限に言葉あるのに?

姉:そんなん言うてもしゃーないな。そういうもんやから。

僕:(分厚い単語帳を指して)もしかして、これ全部英語の言葉?覚えてるの?

姉:そうやで。

僕:そんなん、僕できる自信ないわー!

姉:あんたも中学生になったらやらなあかんねん。

僕:(泣)

 

 

なぜか昨晩、上海駅に向かうタクシーの中でふと思い出した1コマ。

初めて日本語と全く違う言葉があるって知った時はたまげたなぁー。

もう英語習得するとか絶対無理やん!って思ったもんなぁ。

 

とか言うて、今はまがりなりにも中国語話せてるし、本当に人間の頭って不思議。

 

という、今日は雑記日記でした。

 

www.china-b-japan.org