中国と日本ではたらき自由を目指すビジネスマン

10年8月~17年4月、中国上海で広告の仕事。17年5月に日本へ帰国、中国×金融×マーケティング。自己研鑽を重ね49歳に完全自由を得る過程を綴る。

星野リゾートのリゾナーレ八ヶ岳。冬のリゾートってこんな良いものだったんだ。

f:id:daotian105:20171219175723p:plain

risonare.com

 

年の瀬で忙しい日々なのですが、星野リゾートが運営するリゾナーレ八ヶ岳に来ています。

友人に誘われ、2家族で来ていて、最初は冬のリゾートに対してあまり良い印象は無かったのですが、

来てみてその先入観の間違いに気づきました。

 

リゾナーレ八ヶ岳へのアクセス(東京から)

リゾナーレ八ヶ岳の最寄り駅はJR小淵沢駅です。

東京から来るならオススメの行き方はこんな感じ。

・東京駅に出る

みどりの窓口に行く

・小淵沢駅に止まる特急あずさのチケットを買う

・JR中央線で新宿駅に行く

・新宿駅で特急あずさに乗り換える

・JR小淵沢駅で降りる

・JR小淵沢駅に来るリゾナーレ八ヶ岳のバスに乗る

バスの時刻表↓※2018年4月に改定されるのでご注意を。

f:id:daotian105:20171219180438p:plain

アクセス | 【公式】星野リゾート リゾナーレ八ヶ

 

みどりの窓口に行く、というのがポイントです。

特急あずさは、号によっては小淵沢駅に停車しないのです。

僕の友人家族とは別々で来たのですが、友人家族は小淵沢駅に止まらず、

手前の甲府駅で下りて普通列車に乗って来てました。

どれが小淵沢駅に止まって、どれが止まらないのか、あまりよく分からないので、

窓口で買った方が安全です。

 

リゾナーレ八ヶ岳への何が良いのか?

・食事が美味い!

f:id:daotian105:20171219181117p:plain

YYグリルというレストランでビュッフェ形式のディナーが頂けます。

種類が豊富で、味も最高に美味い!

メニューから1品注文できたのですが、肉をいただきました。

この肉もめっちゃ美味い!

risonare.com

 

・遊びがいっぱい

今回は2泊3日の滞在だったのですが、全く遊び足りませんでした。

もう一泊したかったのが正直なところ。

 

・雪山

リゾナーレ八ヶ岳から無料で出ている送迎バスで富士見高原スキー場に。

fujimikogen-ski.jp

 

子どもがいたので今回はスキーはしませんでした。

嬉しいのが宿泊者にはウェアなどスキー一式が無料でレンタルされること。

手ぶらでスキーが楽しめてしまいます。

リゾナーレ八ヶ岳内にあるアクティビティセンターというところに行くと、

1,000円で子どもと遊べるエリアへのチケットが買えます。

本当は1,100円なのでお得です。

 

・プール

ホテル内にイルマーレというプール施設があるんです。

プールと言っても、普通のプールではありません。

f:id:daotian105:20171219184247p:plain

f:id:daotian105:20171219184314p:plain

 

ビーチのようなすんばらしい施設なのです。

1時間おきに10分間、人口波もできて、本当のビーチみたいでした。

子どもも大喜びです。

施設内で浮き輪も借りることができて、親子で楽しめます。

温水プールで、屋内は30度くらいあるので海水パンツだけでOK。

ちょっと身体が冷えたな、と思ったらプール脇にあるジャグジーで暖まれます。

そのまま屋外に出られるようになっていて、露天風呂みたいな感じも楽しめます。

僕の息子は一番これを楽しんでました。

 

・もくもく湯

露天風呂施設です。

f:id:daotian105:20171219184923p:plain

子どもを寝かせてから入ったので夜の11時から友人と浸かりに行きました。

男湯コーナーと女湯コーナーがあり、それぞれ奥に進むと混浴コーナーがあります。

この混浴コーナーが露天風呂になっていて、上を見上げると満点の星空。

寒い空気を顔に感じながら、身体を温めるってなんであんなに気持ちいいのでしょう。

 

・部屋が良い!

僕が泊まったのはレジデンスタイプのお部屋。

広々していて3人ではちょっと広すぎるぐらいなのですが、すんごい良い部屋です。

f:id:daotian105:20171219190041p:plain

ちょっとエアコンが聞きすぎて乾燥するので、お風呂にお湯溜めて寝た方が良いです。

 

最後に

こうやって旅行に来るなんて何年ぶりでしょうか。

一人目の子どもが生まれてから、こんな本格的な旅行ってしてない気がする。

考えたら新婚旅行の九州旅行以来かも。

こうやって違う環境に来て、遊んで食べて寝て、子どもと過ごす時間って

こんなにも充実して、幸せなものなんだと初めて知りました。