中国と日本ではたらき自由を目指すビジネスマン

10年8月~17年4月、中国上海で広告の仕事。17年5月に日本へ帰国、中国×金融×マーケティング。自己研鑽を重ね49歳に完全自由を得る過程を綴る。

萌系中国家電ブランド「小熊電器(XiaoXiong)」が独創的なので紹介

中国の家電業界には日本人も知らないローカルメーカーがひしめいています。

参考記事:

www.china-b-japan.org

 

上の記事でも記載していない、私も知らない家電メーカーがあったので紹介します。

 

 

萌系中国家電メーカー「小熊(XiaoXiong)」

その名も「小熊」という家電ブランドです。

公式サイトはこちらです。

www.bears.com.cn

 

この会社、2006年に創業、本社は広東省仏山市にある会社です。

70以上の特許を持ち、既に13年も経っているので古参家電ブランドなわけです。

 

小熊(XiaoXiong)が作っている商品

彼らは結構独創的な商品を作っています。

 

ヨーグルト製造機

f:id:daotian105:20190412163911p:plain

小熊電器のヨーグルト製造機

牛乳と菌を入れて、ヨーグルト製造機に入れるだけで8時間後の朝には

自作のヨーグルトが完成する機械。

なんと99元、約1,600円。

 

ゆで卵製造機

f:id:daotian105:20190412164201p:plain

小熊電器のゆで卵製造機

1層目に生卵を入れればいい感じのゆで卵に、2層目には溶いた卵に塩で少し味付け、

ちょいとこの機械で蒸せば茶碗蒸しのような食感の料理が出来上がります。

この料理、中国では赤ちゃんが食べる離乳食としてもかなり重用されています。

お値段は75元、約1,200円!

 

もやし製造機

f:id:daotian105:20190412164616p:plain

小熊電器のもやし製造機

新しすぎます。豆入れたらもやしができちゃいます。

f:id:daotian105:20190412164723p:plain

この表によるとだいたい2~7日間でできちゃうらしいです。

209元なので、約3,200円。

 

お茶専用機

f:id:daotian105:20190412164920p:plain

小熊電器のお茶専用機

さすが中国、お茶専用の機械です。

専用と書いておきながらなんですが、こういう薬膳系スープも作れます。

f:id:daotian105:20190412165116p:plain

お値段189元なので、約3,000円です。

 

他にもアイスクリーム製造機、卵溶かし機、面製造機、などなど

かなり独創的な商品を製造しています。

 

萌系に転換した2018年

このブランド、中国にいる時(2010年~17年)には聞いたこともありませんでした。

どうやら2018年にブランド戦略を転換しました。

キーワードは「萌」で、そこから売上が爆発したようです。

 

この「萌」という表現、もともと中国にはありませんでしたが、日本のアニメが

中国で流行し、そこから普及した言葉です。

 

更に2019年のAWE(中国で行われる最大級の家電博覧会)において、

  • 生活復興というキーワードを打ち出す
  • 90年、95年生まれの若い世代を中心にメッセージを訴求する

ということが発表されました。

f:id:daotian105:20190412171352p:plain

AWEの会場でも「女子力を解放」というキーワードが並んでおり、

若い人を中心に使われているネットスラングを多用しているのがわかります。

f:id:daotian105:20190412171951p:plain

 

 

この方針は日本家電の王様、パナソニックが中国向けに打ち出した

「新貴」とはまた違う戦略であります。

lovely-lovely.net