中国と日本ではたらき自由を目指すビジネスマン

10年8月~17年4月、中国上海で広告の仕事。17年5月に日本へ帰国、中国×金融×マーケティング。自己研鑽を重ね49歳に完全自由を得る過程を綴る。

中国株日記-中国の宅配便大手-順豊(顺丰快递)がBackDoorListingで上場

f:id:daotian105:20170223153309p:plain

中国の宅配便大手-順豊(顺丰快递)が、2月23日に上場したそうです。

 

中国の宅配便大手-順豊(顺丰快递)ってどんな会社?

中国では宅配業者のことを快递(kuai di)という名前で呼んでいます。

日本では

  • クロネコヤマト
  • 佐川急便

の2社しか思いつきませんが、中国では色々あります。

 

こんな感じです。

f:id:daotian105:20170223234135p:plain

 

そんな中でもサービスが良く、宅配スピードも速いのが、

新たに上場した順豊(顺丰快递)なわけです。

順豊(顺丰快递)は中国で最も信頼できる宅配、輸送会社と言えます。

 

しかし日本のクロネコヤマトや佐川の足元にも及びません。

中国の宅配便は、投げて輸送してますからね笑

順豊(顺丰快递)も例外ではないのですが、程度が他と比べるとましだ、

という印象です。

 

上場の仕方がちょっと変わってる

この順豊(顺丰快递)の上場の仕方、ちょっと変わってます。

Back Door Listingという手法で上場をしています。

 

Back Door Listingとは

既に上場している企業の株式を取得して上場すること

だそうです。

 

順豊(顺丰快递)は、鼎泰新材(002352.SZ)という安徽省にある素材メーカーの

株式を大量取得して、上場を果たしています。

この鼎泰新材(002352.SZ)という会社、2月24日から会社名も、

顺丰控股股份有限公司

という名前に切り替わります。

 

2月23日の鼎泰新材(002352.SZ)の株価はストップ高。

f:id:daotian105:20170223235925p:plain

 

2月20日を境に急上昇していますね。