中国と日本ではたらき自由を目指すビジネスマン

10年8月~17年4月、中国上海で広告の仕事。17年5月に日本へ帰国、中国×金融×マーケティング。自己研鑽を重ね49歳に完全自由を得る過程を綴る。

東京湾岸エリアのマンションを契約。これで僕も大きな借金ができた・・・。

f:id:daotian105:20170902155540j:plain

2017年9月3日は僕にとって大きな借金記念日に。

東京湾岸エリアにあるマンションの1室を契約してきた。

 

タワマンではない低層マンション区分所有。

タワマンも見たけれど、僕にはどうも合わない感じがしたし、

何より買えない・・・・・。

でも、景色はスゴイよかったなぁ。たまに行きたい(笑)

 

よく賃貸か分譲かという議論があるけれど、僕は断然分譲派。

 

理由は

・住処は所有したい

・借金を早く返せば、何かあっても住処はなんとかなる安心感

・僕に何かあっても団信で家族に家は残る安心感

・妻と日本で家を買うと約束していた

 

車、カバン、時計、靴、装飾品などには全くと言っていいほど物欲は無いけれど、

家は所有したい。

 

中国人男性は結婚する際に、家が無いと結婚ができない。

だから男性側の両親は息子に家を買い与える。

中国では「安全感」という言葉があるのだけれど、多分これに洗脳された。

 

中国からこちら移住する際に、中国のマンションを売却した。

 

妻には

「日本では賃貸ではなく、家を買う。」

と約束していたので、その約束が果たせて嬉しい。

 

それでも、大きな借金を背負ったもんだ。。。。

まだ約4,000万円も残ってる。

 

・仕事での成果→収入アップ

・個人のスキル開発→保険

・節約→余剰資金

・投資&再投資→自由

・家族の心身の健康→前提

 

良い習慣で毎日を過ごし、たまに息抜きしながら、ゴールに向かっていきたい。