中国と日本ではたらき自由を目指すビジネスマン

10年8月~17年4月、中国上海で広告の仕事。17年5月に日本へ帰国、中国×金融×マーケティング。自己研鑽を重ね49歳に完全自由を得る過程を綴る。

蘇寧電器が万達百貨全店舗を買収、蘇寧電器はスマートリテールを本気で構築している

f:id:daotian105:20190213182240p:plain

 

中国の家電量販店(というよりも今はネットが主流)大手の蘇寧電器が、

万達集団傘下の万達百貨店37店舗を全て買収すると発表しました。

 

 

蘇寧電器とは

1990年に南京で創業されました。

創業当時はエアコンだけを販売する小さな店舗です。

1999年には南京一番の繁華街、新街口に総合家電販売店舗、蘇寧電器をオープンさせます。

f:id:daotian105:20190213182918p:plain

新街口の蘇寧電器

2004年には深セン証券取引所に上場。

店舗は2018年のIRによる5,000を超えます。

 

2012年にO2O(Onlien to Offline)の概念をぶち上げ、ネットとリアルの融合を目指します。

社名も蘇寧電器から蘇寧雲商と名前を買えています。

自社で運営していた蘇寧電器のECサイトも蘇寧易購という名前に変更し、

このECサイトはBtoCサイトでは第三位までになっています。

更に2018年、蘇寧雲商から蘇寧易購へと社名をまた変更しています。

2017年の売上は1,879億元、利益は42億元です。

 

日本で上場するLAOX(ラオックス)の親会社でもあります。

 

万達集団の万達百貨とは

万達集団と言えば王建林です。

f:id:daotian105:20190213190004p:plain

王建林氏

万達集団のCEOで、中国一番の資産家です。

 

万達集団は、不動産業(マンションやSCなど)、ホテル業、映画制作及び映画館運営、

そして万達百貨店という百貨店業を営むグループです。

 

2014年に万達は中国IT企業の百度(Baidu)とテンセント(Tencent)の3社で

共同出資して新会社を設立しています。

f:id:daotian105:20190213191206p:plain

これも自社が持つホテル、映画館、百貨店などのリアル店舗とオンラインを

つなぎ合わせるO2Oという考え方の実現に向けた取組でした。

 

更に2015年、上で紹介した蘇寧とも戦略パートナーとして提携。

ある意味、百度やテンセントと共同出資した会社と自ら競合する形でビジネスを進めます。

 

蘇寧が万達百貨店を買収

そんな状況下において、2019年2月12日、蘇寧が万達集団傘下の百貨店37店舗全部を

いっきに買収するという発表がされました。

 

万達百貨店は2014年のピーク時は全国に110店舗を持っていましたが、

消費者がEC、つまりネットで購入する習慣へと変わり始め、百貨店の店舗数は徐々に縮小。

2015年には56店舗を閉鎖するなど大きな改革をしていました。

 

噂では2018年にも競合である銀泰商業が買収か、と思われていましたが、

このタイミングで蘇寧が買収する運びとなりました。

 

今回の買収について担当役員である龚震宇氏はこう語ります。

スマートリテールを全方位で構築するには、オンラインからオフライン、都市部から田舎をカバーし、いつでも見られて、いつでも触れられる状況を作らなければなりません。

この百貨店というパズルのピース を手にいれたことで、また一つ完全なるスマートリテールにつながるのです。

今回の買収以前にも、蘇寧は新たな業態との融合を模索して色々な企業を取り入れてきました。

百貨店業を我々の生態系の中に組み込み、他の業態で培った成功パターンを模し、他業態とシームレスにつなぎ合わせて更に顧客の価値創造を目指します。

 

蘇寧は言葉ではなく、本気でスマートリテールという概念を実現させようとしている。

 

自分の経験から

僕は総合広告代理店で2010年から上海で勤務していました。

担当していたお客さんはまさに家電業界だったのですが、

2010年、11年、12年くらいまでは主戦場が店舗、オフラインにありました。

 

お客さんからの依頼も、店頭POPを作りたい、チラシをデザインしたい、店舗の改装をしたい、など広告会社としての売上はオフライン関係で発生していました。

 

しかし2013年くらいから、いっきにこの流れが変わります。

O2Oという言葉がお客さんの担当者から出てきたのも、この頃だったような気がします。

店舗やオフラインでの消費者とのタッチポイントよりも、オンラインやデジタル上で

いかに消費者とタッチポイントを持つかに、いっきにシフトしました。

広告会社としては、これまでオンラインでのノウハウが溜まっていなかったので、

2年くらいはかなりキツイ期間がつづきましたが、それ以降は広告会社としての

売上の8割くらいがオンライン関係からになりました。

中国の流れの変わり方、なんというか盤面の変わり方はものすごく早く、

ある方向へいっきに動くので、その対応に追われた記憶があります。

中国の国家為替管理局が発信した内容:中国の法律て公布から施行がめっちゃ速い

f:id:daotian105:20190212174520p:plain

 

中国の国家為替管理局から、いくつか情報が発信されていたのでメモ書きます。

 

 

 

中国国家為替管理局とは

中国政府の為替関係業務を担う機関です。

外貨準備高、経常収支、国際収支などの情報を統計、管理しています。

日本で言えば財務省に近い機関にあたります。

 

2019年2月11日の記者会見

昨日の記者発表ではこのような内容が書かれていました。

 

質問

国家為替管理局の最新データによると、2019年1月末、中国における外貨準備高は先月と比較して152億ドル上昇しています。

上昇の要因は何でしょうか?また今後、外貨準備高はどのようになる予定でしょうか?

 

回答

2019年1月末における中国の外貨準備高は3兆879億ドルで、先月と比較して152億ドル、0.5%の増加となりました。

2019年1月における為替マーケットにおける受給バランスは安定、また国境を跨ぐ資金流動も全体的に安定的に推移しました。

グローバルマーケットにおいて、アメリカドル以外の通貨は上昇(ドル安)にむき、金融資産価格が上昇しました。

資産価格と各通貨レート変化の関係により、中国の外貨準備高が相対的に上がったと考えます。

目下、グローバル経済は緩やかな成長をしつつ、それを押さえつける圧力の両方が存在します。国際環境は不安定で、不確定要素が多くあります。

しかし中国経済は継続して安定成長のトレンドにあり、国際収支もバランスが良く、

中国の外貨準備高の規模はこれからも徐々に上がっていくと思われます。

今後もグローバル金融の環境は複雑を極めますが、中国経済は長期に渡って成長が見込まれ、全方位的に開放を進めていき、中国の為替市場の運営も日毎に改善し、クロスボーダーの資金移動と為替マーケットの受給バランス維持を実現させます。

国内外の総合的要素からも、中国の外貨準備高は緩やかな波動(ボラティリティ)で推移するでしょう。

 

2019年2月12日の発表

境内上市公司外籍员工参与股权激励资金管理办法に、中国人民銀行及び国家為替管理局が印発。

http://www.safe.gov.cn/safe/2019/0129/11284.html

 

境内上市公司外籍员工参与股权激励资金管理办法とは

中国国内に上場している会社に所属する外国籍の社員が持つストックオプションに関する法律のようです。

 

法律を流し見しただけですが、

中国国内に上場している会社に所属する外国籍の社員が、

自身の持っているストックオプションや株について、

それを売って得られたキャピタルゲインや配当によるインカムゲインを、

必要な書類さえ提出すれば外国の銀行口座へ出金できる

ということを明記しているようです。

 

公布から施行までがめっちゃ速い

この法律自体は2019年1月23日に公布されています。 

この記事では印発(Yin Fa)という言葉が使われていますが、押印して発行する、

という意味なので、施行ということを意味します。

途中春節という1週間の長い休みがあったので、実質10営業日ほどで公布→施行となったわけですね。

 

日本の法律が公布されてから施行までどれくらいの期間があいているのか、

ネットで調べてみると、最短で1ヶ月、2ヶ月、3ヶ月、6ヶ月、9ヶ月、1年、2年、

最長で3年とつづくそうです。

houseikyoku.sangiin.go.jp

 

最短と比較しても1/3なので、めっちゃ速いです。

 

2019年_1月ブログ運営報告

2019年1月に書いた記事数

8

 

2019年1月のPV

f:id:daotian105:20190208171917p:plain

27,123

 

アクセスの多かった記事BEST5

1位

www.china-b-japan.org

 

2位 

www.china-b-japan.org

 

3位 

www.china-b-japan.org

 

4位

www.china-b-japan.org

 

5位
www.china-b-japan.org

2019年2月の目標 

中国の金融に関連する記事を2つ書きたいと思います。

証券外務員試験1種に合格。僕がやった勉強法をメモ

f:id:daotian105:20190208155423p:plain

2019年2月8日、証券外務員1種の試験を受験、なんとか合格できました。

 

去年末、1月中に証券外務員1種に合格する予定だったのですが、

8日間後ろ倒しになってしまいました。

www.china-b-japan.org

 

私は金融会社に勤めるものの、体系的にこういった資格勉強をしたことはありません。

知識はまだまだ浅く、ほぼ0ベースで、独学で勉強して合格できました。

この記事では私がやった勉強法などを紹介したいと思います。

 

 

証券外務員1種とは

証券外務員は2つ種類があります。

1種と2種です。

1種はデリバティブやオプションなど全カテゴリの金融商品を取り扱えるのに対して、

2種は一部しか取り扱えないので、1種の方が上位資格であると言えます。

試験範囲はもちろん1種の方が広いのですが、どうせ取り組むなら2種よりも

いきなり1種に取り組まれた方が効率的です。

 

証券外務員1種の合格率

日本証券業協会の事業報告に記載されている表です。

f:id:daotian105:20190208161542p:plain

証券外務員1種の資格試験・資格更新研修の実施状況

 

受験者:59,159人

合格者:26,961人

合格率:45.5%

 

ビミョーに難しい試験です。

 

使うテキスト、使ったサイト

書籍はこの2冊だけでOKです。

 

  

 

Webサイトはここを使いました。

www.f-bank.co.jp

上記の書籍を出版している会社が運営するサイトです。

 

www.success3.jp

非公式サイト?だと思うのですが、ランダムでテスト問題が配信されるので、

重宝させていただきました。

 

証券外務員試験1種、効率的な勉強法

仕事が忙しく、正直に申し上げてギリギリまで何もやっていませんでした。

本気でやり始めたのは1月30日なので、テストの10日ほど前からでした。

 

手順はこうです。

 

・テキスト(問題集じゃない方)をざっくり目を通す

問題集じゃない方、テキストをざっと目を通します。

多分、読んでもほとんど意味がわかりません。

それでも良いです。

 

・配点高い分野を見極める

f:id:daotian105:20190208170242j:plain

問題集の巻頭に、写真のようにどの分野で、何点あるか予想が書かれています。

僕は赤字で配点の高い方から番号を振っていきました。

例えば一番配点が高いのは「株式業務」で、440点中52点もあります。

 

・配点の高い順に問題集を解き、テキストで解説を読んで理解する

配点の高い順番に問題集を解いていきます。

マルバツや5択なのですが、ほとんど外れます。

それでも良いので、とにかく問題を解いていき感覚を掴みつつ、

間違ったところの該当する部分をテキストの解説を読み理解していきます。

 

あとはこれを繰り返しやっていくしかありません。

 

諦めていい分野

写真を見ていただくとわかると思いますが、赤字の番号左側に黒丸があります。

これは「配点の高い順に問題集を解き、テキストで解説を読んで理解する」をやり終えたところです。

 

逆に黒丸がついていないところは、テキストをさらっと読み問題の感覚を掴む程度で

真に理解するまでは行っていません。

理由は

・配点が少ないから、合格にあたっての影響度合いが小さい

・常識的な問題が多いので理解する必要があまり無い

・マルバツで出題されるので、50%の確率で当たる

です。

 

テストは440点の70%、308点を取れば合格です。

そのラインを、最短で、超えるべく、捨てられる部分は捨ててOKと判断しました。

 

 

 

最後に

こんなふうに勉強したのは中国語以来でした。

しんどかったですが、やはり知らないことを知ることはとても楽しいですね。

他にも資格取得、チャレンジしてみようと思います。

中国金融の教科書:中国におけるゴールド(Gold、金、XAU/USD)の投資商品について

f:id:daotian105:20190129161948p:plain

2019年1月29日の金(XAU/USD)相場

 

私は金融関係の会社で、中国のリテールクライアント向けにプロモーションし、

自社に口座を開設してもらう、という仕事をしています。

 

今はゴールド、つまり金、XAUに注目をしていて、ゴールドそのもの、

そして中国におけるゴールドについて語れるように勉強をしていました。

 

アウトプットを前提としたインプットが良質なインプットにつながる、

と思っているので、ここで得た知識を整理します。

 

 

内盘(Nei Pan)と外盘(Wai Pan)

中国にいる金融関係者と会話をしているとよく聞くのが

内盘(Nei Pan)

外盘(Wai Pan)

という言葉です。

この内、外という概念で、まず中国におけるゴールドのマーケットを大別することができます。

 

共通する盘(Pan)という言葉ですが、これは「皿」という意味で、

意訳すればマーケット自身を指しています。

 

チャートを見ながらトレードすることを中国語で「操盘(Cao Pan)」というのですが、

自分自身の資金を操(Cao)縦してマーケット(Pan)で泳ぐのをイメージしているのでは、

と勝手に想像しています。

 

さて、内盘は漢字から連想できる通り中国国内のマーケットを指しており、

外盘は海外のマーケットを指しています。

 

内盘(Nei Pan)で記載されるゴールドの価格単位は人民元、重量はグラム表記です。

外盘(Wai Pan)で記載されるゴールドの価格単位はUSドル、重量はオンス表記です。

 

また内盘(Nei Pan)は中国政府の公認を受けており、証拠金を預けるタイプであれば、

証拠金は国内銀行によって信託されています。

 

外盘(Wai Pan)は海外マーケットなので中国政府が影響できず、更に証拠金も信託されているのかいないのか、中国人には実際のところはわかりません。

 

内盘(Nei Pan)の具体的なマーケット

貴金属が取引できるマーケットで、中国で政府公認の取引所は3つしかありません。

ただし、天津ではプラチナしかトレードできません。

更にちょっと原因はわかりませんが、現在取引所自体が2018年8月から停止されています。

したがって現在、貴金属の取引において内盘という言葉が意味するのは、

上海黄金交易所及び上海期貨交易所の2つを指す、ということになります。

 

内盘(Nei Pan)の歴史

今は正規の交易所は2つしかありませんが、2017年1月以前は全国に数百を超える

貴金属の取引所がありました。

これらの交易所は地方政府から免許が交付され、正規の取引所として運営していたものの、正しく運営がされていなかったようです。

そのため、2017年6月以降、これら数百を超える取引所は北京が主導して整理、閉鎖をしたのです。

交易场所清理整顿黑白名单汇总

この結果、上記であげた2つの交易所が正規の交易所として残ったのです。

 

内盘(Nei Pan)で投資できるゴールド

更に内盘で投資できるゴールドの金融商品は5つに大別できます。

  1. 実物黄金
  2. 紙黄金
  3. 黄金期貨
  4. 黄金T+D
  5. 黄金ETF

です。

1.実物黄金

f:id:daotian105:20190131132553p:plain

周大福

いわゆる金現物で、金を買い、金の値上がりを狙う金投資です。

投資家は金価格の上昇で以てのみ利益を上げられます。 

 

現物なので金地金や純金記念貨幣、ネックレスなども含まれます。

中国に店舗を多く持つ周大福で売られている金もこの中に入ります。

2019年1月31日の価格を見ると330元/1gです。

単位はグラムであることに注意が必要です。

f:id:daotian105:20190131133708p:plain

周大福の投資性金価格

 

2.紙黄金

カテゴリ的には実物黄金に含まれるのですが、あくまで帳簿上でゴールドを購入するので分けて記載しています。

金融機関が顧客から資金を預かり、帳簿上でのみ金を買う投資商品です。

投資家は金価格の上昇で以てのみ利益を上げられます。

2019年1月31日の工商銀行が出している価格を見ると283元/1gです。

f:id:daotian105:20190131135717p:plain

紙黄金の価格推移


実物黄金と同じカテゴリなのに、安く買えてしまいますね。

これはなぜかというと、実物黄金は実際に金を受け渡し(中国語で交割,JiaoGeと言う)を行います。

金は採掘してから、顧客の手に渡るまで、加工し輸送される必要があるので、

その分コストがかかってしまいます。

 

一方、紙黄金はあくまで帳簿上でのやり取りで、実物が動くことはありません。

したがって途中のコストがかからないので、実物黄金より価格が低いのです。

3.黄金期貨

期貨とは「先物」という意味です。

つまり金先物取引です。

先物取引なので買いだけではなく、売りも仕掛けられます。

また保有できる期間が決まっており、期限が来たら含み損益の如何に関わらず取引を仕舞わないといけません。

 

また取引時間は5営業日×5時間です。

午前が9時~11時30分、午後が13時30分~15時です。

 

上海期貨交易所の会員企業に口座を開設し、証拠金(中国語では保証金)を預け

トレードをすることができます。

またレバレッジは10倍~14倍で、会員企業によってまちまちです。

 

上海期貨交易所の会員企業一覧

http://www.shfe.com.cn/about/member/memberslist/

4.黄金T+D

先物取引のカテゴリに分類されるのですが、いくつか違う点があります。

先物と同じ仕組みなので、売り買い両方からポジションを持てます。

保有する期間は費用がかかりますが、延期をさせることができます。

ちなみにTはTrade、DはDelayなのですが、この延期できるのをDと表記しています。

 

また取引時間は午前が9時~11時30分、午後が13時30分~15時、夜が21時~2時30分、

と長いのが特徴です。

 

上海黄金交易所の会員企業に口座を開き、証拠金(中国語では保証金)を預け

トレードをすることができます。

またレバレッジは15倍です。

 

上海黄金交易所の会員企業一覧

https://www.sge.com.cn/hyzq/mlycx

 

5.黄金ETF

ETFという名前から分かる通り投資信託です。

お金を証券会社を預けプロのトレーダーが顧客のお金を運用する商品です。

 

外盘(Wai pan)について

外盘(Wai Pan)には色々種類が有りすぎて分類ができません。

香港にある装飾品店で販売されているゴールドも外盘(Wai Pan)の中に入りますし、

日本の商品先物を取り扱う会社のゴールドも外盘(Wai Pan)に入ります。

 

この記事では、外盘(Wai Pan)の中のCFDについて触れます。

 

現貨黄金

中国語で表記される現貨黄金とは、漢字から読むと現物のように見えますが、

CFDのことを指します。

CFDは中国国内、つまり内盘(Nei Pan)では取扱がありません。

そのため、もし中国人が現貨黄金に投資したいと思ったら、海外ブローカーに

口座を開設し、証拠金を海外へ送金、トレードすることになります。

 

CFDですから当然、売りからも買いからもポジションを持てます。

時間も5営業日 × 24時間可能です。

レバレッジは選ぶブローカーによって変わります。

それこそ100倍、400倍、1,000倍といったものもあります。

 

整理

これまでの内容を整理します。

f:id:daotian105:20190131165642p:plain

中国金融の許可書:中国のける黄金の投資商品まとめ