中国と日本ではたらき自由を目指すビジネスマン

10年8月~17年4月、中国上海で広告の仕事。17年5月に日本へ帰国、中国×金融×マーケティング。自己研鑽を重ね49歳に完全自由を得る過程を綴る。

トレーニングの成果が出てきた

高校生の時くらいにまで身体を戻すべくトレーニングを続けています。

www.china-b-japan.org

 

 

6月からトレーニングを始め徐々にスピードが上がってきています。

前の記事で書いた、最高記録がこれ。

 

8月3日の記録

所要時間:22分43秒

1kmあたり:4分31秒

f:id:daotian105:20180807140654p:plain

そして、先日10月2日の記録がこちら。

所要時間:21分58秒

1kmあたり:4分26秒

f:id:daotian105:20181003103257p:plain

 

21分台を目指していたので、いい感じです。

個人的にはまだ自身の成長空間はあるような気がしているので、

できれば20分台を目指して続けたいと思います。

 

体重は

6月時点:85kg

8月末時点:79kg

10月月初:78.5kg

と少しずつ落とせています。

 

年内までに75kg台に乗せ、来年3月末には72kgを目指します。

2018年_9月ブログ運営報告

2018年9月に書いた記事数

6

 

2018年9月のPV

f:id:daotian105:20181001093036p:plain

35,125

 

アクセスの多かった記事BEST5

1位

www.china-b-japan.org

 

2位

www.china-b-japan.org

 

3位 

www.china-b-japan.org

 

4位

www.china-b-japan.org

 

5位

www.china-b-japan.org

2018年10月の目標

 

記事は5個以上。

仕事をもっと効率に行い、勉強+スポーツに時間を割く!

北京:自動運転の実用に向けて企業へ道路計測免許を配布。百度は25車両、テンセントは1車両、滴滴は2車両

f:id:daotian105:20180926095305p:plain

北京市が統括する「北京スマートカー産業イノベーションセンター」が、

9月21日に北京市で自動運転の実用に向けて、北京市内の道路計測を行う免許を7社に配布しました。

 

リスト↓

f:id:daotian105:20180926095931p:plain

 

リストの有名所をピックアップすると

百度:25車

テンセント:1車両

滴滴:2車両

だそうです。

合計34車両に対して計測の免許が交付されています。

 

また同時に計測対象となる北京市内の道路も拡張されました。

2018年3月には33本の道が対象でしたが、11本追加され、44本に。

合計123kmに及ぶエリアで計測を許可している模様です。

 

このようなモデルケースとなる都市は北京のほか、上海、重慶、無錫など7つの都市で

実施がされている、とニュースに記載されていました。

 

 

子どもに何を伝えていくべきか

毎週土日は上の息子と一緒に「冒険」と呼ばれる活動をしています。

 

冒険とは

  • 行ったことの無い所に行くこと
  • 見たことが無いことを見に行くこと
  • 食べたことが無いことを食べに行くこと

などつまり「経験したことがないことを経験しにいくこと」と定義づけています。

定義付けるとか言うと難しいですが、とにかく知らないことを楽しみに行ってます。

 

例えば

  • 池袋にあるサンシャインシティへ行った
  • 見たことのない動物やプラネタリウムを体験
  • お台場でやっている「デザインあ」展を見に行った
  • ちょっとぶっとんだクリエイティブな体験
  • 知り合いが出展している二科展を見に行った
  • なんとなく好きなアートが何か決めさせて自分の好みを認識させた

などなどです。

親の僕も楽しめて、彼も楽しめるそんな感じで冒険をしています。

 

僕がなぜこんなふうにしているのか?

別にそんな大した狙いは無いのですが、知らないことを知るということがとても楽しいことだということを伝えたいからだと改めて思ったのです。

 

ずっと前にちきりんさんという方の、この記事を読みました。

d.hatena.ne.jp

 

僕が生きている世界は、刻々と変わっており、息子が生きる世界とは全く別のものになっていると思います。

その中で僕が子どもに伝えるべきと考える原理原則は

  • 自律
  • 自立
  • 相手への配慮

の3点と考えています。

 

自分の感情と欲望をコントロールし、自らを高め、自らの足で立てるようにすること。

相手が何を求めているか、相手が自分をどうしようとしているかを先回りして対策すること。

これさえできれば、たいていのことはなんとかなるのではないか、と考えるからです。

 

今、僕自身も楽しんでいる「冒険」は自らを高める、に役立つと思います。

知らないことを知ること、やったことの無いことに果敢にチャレンジすることで、

知見や経験が貯まり自らを高める癖がつくと考えます。

 

ただ注意が必要なのは「自立」の部分だと思いました。

あまり自己責任になり過ぎると精神が弱り、自分を壊してしまう可能性があります。

私自身も周りから助けてもらったことがたくさんあるので、ときには相手に頼ることも

事あるごとに子どもに伝えていきたいと思います。

BYDによる詐欺事件、一緒に仕事してたパートナー会社も被害者だった・・・・

先日、こんな記事を書きました。

www.china-b-japan.org

 

事件の顛末はこうです。

  • BYDは深センに本社を置く有望な電気自動車メーカー
  • その上海支社のマーケティング部担当者が宣伝活動を広告会社に発注
  • 各地のモーターショー、アーセナルとの契約などを実行
  • その額は11億元(180億円)にも及んだ
  • しかし実はその担当者、BYDの社員ではない
  • 11億元の仕事もBYDが把握していない
  • 受注した広告会社は請求ができず、訴訟を起こそうとしている

 

中国語の記事の中に、被害にあった広告会社の名前が記載されていて、

「あれ?何かこの会社の名前、見覚えあるなぁ。」と思っていました。

 

中国で働いていたとき一緒に仕事をしていた協力会社に、今度中国で行う業務のことで連絡を取りました。

そこでなんとなく「もしかして、BYDの被害者の会社って君のところ?」と聞くと

「そうなんだよー・・・・」と返事が来ました。

 

チャット↓

f:id:daotian105:20180914192610p:plain

 

彼によると

  • 彼の会社の被害額は3,500万元(5億7,000万円)
  • 被害にあった広告会社は20社以上
  • 彼の会社でも40案件ほど回していた
  • あれだけたくさんの仕事しておきながらBYDは知らぬ存ぜぬ
  • 複数被害者の共同で起訴する予定
  • 今もこの処理で、通常業務ができない

とのこと。