読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

上海ではたらくビジネスマンのブログ

中国上海から中国のインターネットサービス、広告、ビジネス、ライフスタイルの今を不定期で徒然にレポートします。

中国株日記-MEITU(美図-美图)、上場後初の決算は散々な結果に

中国株

f:id:daotian105:20170328191521p:plain

以前、書いたこの記事の続きです。

 

www.china-b-japan.org

 

2016年12月15日に香港市場へ上場。

Tencent社以来の大型上場と言われていまして、3月24日に上場後初の

2016年1年間の決算資料が公開されました。

 

これがMEITUから出された主要な財務項目。

f:id:daotian105:20170328192445p:plain

赤字部分が、最終的な当期純利益です。

5.4億元の赤字です。

2015年度は7.1億元の赤字なので、赤字額は圧縮されていますね。

 

下記はアクティブユーザー数などの指標。

f:id:daotian105:20170328192804p:plain

上から

全体月間アクティブユーザー数:4.5億

主要アプリである美图秀秀というアプリの月間アクティブユーザー数:1億

美顔カメラ:1.2億(赤枠部分)

と続いていまして、主要アプリが美图秀秀→美顔カメラに変わったみたいですね。

 

下記がPL(損益計算書)です。

f:id:daotian105:20170328194444p:plain

問題は赤枠の部分。

これは営業利益なのですが、既にこの時点で6.5億元の赤字になっています。

本業でも儲かってないということですね。

 

下記は売上の構成比。

f:id:daotian105:20170328195124p:plain

上がネットサービス系の売上、下がハード機器販売の売上。

ハード機器販売の売上で93%も占めています。

 

ハード機器というのは、要は自撮りに特化したスマホ。

f:id:daotian105:20170328195254p:plain

こんなやつですね。

Xiaomiのビジネスモデルに近しいんだと思うんですが、HUAWEIやOPPO、Vivo

といったスマホブランドが伸ばしている中、これ以上シェアを撮るのは難しいかも。

 

 

もちろん僕は、この株を買わないんですが、赤字だからと言って、

これからもMEITUの未来が暗いかと言われると、正直分からないですね。

 

中国では一定のシェアを持つアプリですし、僕の周りにも2人、MEITUの

スマホを使っている人がいます。

中国の会社というか、中国での商売って、ある臨界点を超えると、

一気に、それこそ爆裂に儲かりだす印象があって、このMEITUも、もしかすると

来年からグワーーーンと収益を出し始めるかもしれません。

 

まぁ、僕は買わないのですが。

 

 

僕が買いたいのは、やっぱり360。

あぁ、早く中国市場に上場しなおして欲しいなぁ。

360関連の記事は下記です。

かれこれ、このブログで5回も取り上げてる。

それほど狙っている銘柄なのです。 

www.china-b-japan.org

www.china-b-japan.org

www.china-b-japan.org

www.china-b-japan.org

www.china-b-japan.org

 

 

今朝、ニュースサイト見てて気なった中国関連ニュース

中国のニュース

news.livedoor.com

おー、ファン・ビンビンがランクインしている!

 

【当ブログの関連記事】

www.china-b-japan.org

 

 

headlines.yahoo.co.jp

滴滴打车にはAlibabaも出資してるし、SoftBankはダブルで出資することになるのかな。

 

【当ブログの関連記事】 

www.china-b-japan.org

 

 

news.livedoor.com

ぐー、残念!頑張れ中国サッカー!

Googleの関連コンテンツ機能を導入して、数字はどう変わったか?

個人的な日記

f:id:daotian105:20170328145921p:plain

 

こんなメールが2月3日に届いていました。

 

今まで他のブロガーさんたちが、関連コンテンツを表示させているのを見ていて、

「これはどうやっているのだろう?僕もやりたいなぁ」と思っていたのですが、

「なるほど!Googleから許可をもらわないとできないんだ」ということだったのです。

 

Googleの関連コンテンツ機能って?

気づいていないかもしれませんが、記事下部にあるこんなやつです。

f:id:daotian105:20170328150335p:plain

赤枠になっているのがAdSense広告で、それ以外は僕のブログの関連記事。

Googleからのメールの通り、ページビューや収益の増加が見込めるのです。

 

本当に増加した?

このメールが届いたのが2月3日。

気づいたのは2月5日頃で、導入も同じくらい。

 

導入前と導入後の数値を較べてみましょう。

 

導入前期間:1月9日~2月5日

導入後期間:2月6日~3月6日

 

Google Analyticsの数値は以下の通りです。

f:id:daotian105:20170328155012p:plain

ページビューは季節要因とか、他の要因も影響するので、見るべきは

ページ/セッションの値なのですが、うーん、下がってる。

2.21%も。

 

ということで、回遊率にはあまり影響が無かったと言えます。

正直、AdSenseの収益にもそれほど、大きな変化が無いという状況です。

 

結論

まぁ、言うほど、大きな変化無し。

 

 

 

とは言えですね、比較対象している前期間では、下記のように1日だけ

ドカンとセッションが上がった日があります。 

 

f:id:daotian105:20170328155302p:plain

 

上がったのは、この日ですね。

www.china-b-japan.org

これでちょっと数値がズレが発生する可能性がありますね。

 

いずれにしても、せっかくGoogle先生が使用を許可してくれているので、

これからも置いたままにしておきます。

上海の虹口サッカー競技場で火事?

中国のニュース

f:id:daotian105:20170328114433p:plain

 

上海のサッカーチーム、上海申花のホームグラウンドである、

上海虹口サッカー競技場が、火事だそうです。

 

上海申花といえば、ドログバも在籍したチーム。

 

そのホームグラウンドが燃えていたみたいです。。。。

既に鎮火しているようです。

f:id:daotian105:20170328114647p:plain

f:id:daotian105:20170328114700p:plain

f:id:daotian105:20170328114709p:plain

f:id:daotian105:20170328114948p:plain

写真だけ見ると結構燃えてるなぁ。

アリペイとWechatペイ、どっちが使われているのか?その市場シェアは?

中国のWeb/インターネット事情

f:id:daotian105:20170327224518p:plain

インターネット決済、モバイル決済は日本でもフィンテック関連で話題ですが、

中国は日本より100歩くらい進んでいます。

 

www.china-b-japan.org

 

中国のそこらへんの個人商店、コンビニ、スーパー、飲食店などなど

あらゆるところでスマホでの支払いが可能になっています。

前、紹介したこんなお店でも、QRコードを使って支払いができるんですよ。

 

www.china-b-japan.org

 

中国で代表的なインターネット決済、モバイル決済といえば

  • アリペイ(支付宝)・・・Alibaba(阿里巴巴)が運営
  • Wechatペイ(微信支付)・・・Tencent(腾讯)が運営

の2つです。

 

どちらも便利で、急速に普及しているのですが、どちらが使われているのか?

その市場シェアはどれくらいなのか?

ニュース記事に出ていたので、シェアします。

 

結論はこの表が分かりやすいです。

記事から拝借しました。

f:id:daotian105:20170327225226p:plain

 

中国語なので、日本語に直したのが下記です。

f:id:daotian105:20170327230906p:plain

表左、TencentのWechatペイのシェア拡大がスゴイスピードですね。

 

もう少し記事の内容を見てみましょう。

f:id:daotian105:20170327231001p:plain

掻い摘んで書きますと

  • 易観国際というリサーチ会社の数値によって作った表である
  • 既にWehatユーザーはアリペイユーザーを大きく離しており
  • 市場シェアでも徐々に食っていることから
  • Tencent社はAlibaba社を覇者から引きずり落とした

と書いています。

 

しかしユーザーからのコメントにはこんな書込が。

微信紅包の金額がこの中に入ってるんだったら、単純に比較できない

f:id:daotian105:20170327231618p:plain

 

微信は小銭入れ、アリペイは家の財産が入ってる

f:id:daotian105:20170327231628p:plain

 

 紅包をもらうために微信使ってる。他は全部アリペイ。

f:id:daotian105:20170327231658p:plain

 

アリペイが正室、ちょっと不細工だけど。微信は側室、若くて綺麗。

この表現が馬雲(AlibabaのCEO)、馬化腾(TencentのCEO)を正しく表す。

f:id:daotian105:20170327231757p:plain

 

とまぁ、メインは今でもアリペイなのが主な意見でした。

 

コメントの中にでてくる、紅包というのは、お年玉みたいなものです。

旧正月(春節)に、おじいちゃん・おばあちゃんから孫へ配られたり、

上司から部下に配られたりするんですね。

インターネット決済・モバイル決済が出る前は、現金手渡しが基本だったのですが、

今では、微信で配られるのが主流になっています。

 

どんな使われ方をするのか?というとこんな感じです。

  • 微信ではグループチャットと呼ばれる、複数人が入ったチャットルームがある
  • 同僚どうしで情報共有するため、社員全員のグループがあったりする
  • 春節前になると、そのグループチャットの中で会社のトップが紅包を発信
  • 紅包ボタンを、それぞれの社員が押すと、小分けにして社員に配布される
  • 例えば1,000元を配ると、A社員は40元、B社員は28元、C社員は60元など
  • この分配金額は、どうやらシステムで自動的に決まっている模様

春節だけじゃなくて、ことあるごとに発信されるのが特徴。

たまに部下たちから、紅包発信せよというプレッシャーがある時がある。

 

↓このTweetもそれ笑

勝手に引用すみません。問題あったら削除します。

 

話を戻しますと、つまりこの紅包の送り合いに使われているのは、

主に微信となっていまして、もしこの紅包が市場シェアの中に含まれているのなら、

まぁそりゃ市場シェアが急に上がるよね、ということです。

 

ここらへんの記述が無いので、ちょっと記事の通りには受け取りづらいですね。

ただ、感覚的にはWechatペイのシェアが上がってきているのは、確実かと思います。