中国と日本ではたらき自由を目指すビジネスマン

10年8月~17年4月、中国上海で広告の仕事。17年5月に日本へ帰国、中国×金融×マーケティング。自己研鑽を重ね49歳に完全自由を得る過程を綴る。

2013年中国のインターネットに関する最新統計情報について(ダウンロード資料付)

 

中国の国家機関CNNIC発表情報

中国のインターネットユーザーがどのような状況なのか知るデータがあります。

それが中国インターネット情報センター(CNNIC)という機関が半年に1回発表している 「中国インターネット発展状況統計報告」というデータです。

毎年7月と1月に発表されるもので、2011年の最新版データが7月に発表されました。

●2013年7月「中国インターネット発展状況統計報告」(リンク先はPDFです。)

中国インターネット発展状況統計報告
全てPDFで記載されているため編集ができません。

そのため今日の記事ではこのデータの中にあるグラフや数値を全てエクセルに落とし込みました。

下記よりダウンロードできますので、もし何かの機会で使えるようでしたら使って下さい。 もちろん日本語です。

「2013年7月 中国インターネット発展状況統計報告(エクセルデータダウンロード)」

中には下記のような項目がシートを分けて入っています。

  • 中国のインターネット利用者数と普及率
  • モバイルインタネットユーザー数
  • ネット接続する端末
  • 性別構成
  • 年齢別構成
  • 学歴別構成
  • 職業別構成
  • 収入別構成
  • 都市別構成

 

興味深い傾向、モバイルECが増加傾向

Excelの中には入っていませんが、リンク先PDFの42ページ目以降がモバイルに関する情報になっています。

その中でモバイル・インターネットでユーザーがなにをしているか、を昨年対比でまとめてくれています。

これを見ると検索やニュース閲覧などは大きな変動が無いのに対して

モバイルでのECサイト利用率が2ポイント近く伸長しています。

今まで感覚的にECサイトはパソコンでしかやらないと思っていましたが、

すでにモバイルでECサイトを利用する方が1.5億人もいるようです。