中国と日本ではたらき自由を目指すビジネスマン

10年8月~17年4月、中国上海で広告の仕事。17年5月に日本へ帰国、中国×金融×マーケティング。自己研鑽を重ね49歳に完全自由を得る過程を綴る。

2013年11月13日中国主要新聞3誌の一面記事

 

新京報

xjb20131113A01_b

 

第18回三中全回閉幕

三中全会と呼ばれる共産党代表大会が閉幕。

大きな方策が決定された模様で、1面で取り上げられています。

 

1:2020年までに重要な領域、環境領域で決定的で大きな改善成果を上げる

2:国家安全委員会を設置し、国家の体制/戦略を強固なものにし、国家の安全を守る

3:経済改革を全面的に改善する。大きな問題は政府と市場の関係によって改善する。

4:予算管理、税収制度を改善する。国家事業における支出決定の権利と責任を明確化する

5:農民により多くの財産権利を与える。農村と都市部で統一の建設用地マーケットを設立する

6:行政執行体制の改善、公正な裁判が行われるよう検察権の独立を図る

 

といった内容が記載されています。

 

東方早報

東方早報は更新が遅いため昨日分の記事を紹介しています。

20131112A01_brief

政府と人民で協力して改革の困難に立ち向かう

新京報でも記事になっていた5:土地改革について紹介されています。

これまで農民は土地を自由に売買することができませんでした。

国から「土地を買い上げるから立ち退きなさい」という通知が来ないと、

農民は自由に移動もできなかったのです。

これを「統一のマーケット」を建設、つまり農民も自由に農地を売ることができる

市場を作ることにする、ということなのだそうです。

 

韓正、書斎で上海市自由貿易試験区について語る

上海市総書記と総理、つまり上海市のトップが直接、上海市自由貿易試験区の推進を進める

上海市の最高トップ、韓正が言っています。

 

国家衛生及び計画生育委員会、出生に関するプランを提出

中国では一人っ子政策が行われてきました。

しかし実は、これまでも夫、妻ともに一人っ子の場合は2人目を産んでも良い

ということになっていました。

新たに作られたプランでは

夫、妻のいずれかが一人っ子の場合は2人目を産んでも良い

と規制が緩和されるようです。

 

重度汚染対策の発動、15分短縮されるかも

重度汚染が確認されてから、発表するまでの時間が早くなるということのようです。

 

徐家匯地区の電気街のリーダー、11日の独身節の成果を発表

 

台風海燕、広西省、海南島で5名被害に

 

南方都市報

20131113AA01_brief

新京報と同様三全中会で決定されたことを報道しています。

 

 

過去の新聞記事一面

こちらから過去の中国主要新聞3誌の一面記事をご覧いただけます。

 

中国に関するオススメ書籍