中国と日本ではたらき自由を目指すビジネスマン

10年8月~17年4月、中国上海で広告の仕事。17年5月に日本へ帰国、中国×金融×マーケティング。自己研鑽を重ね49歳に完全自由を得る過程を綴る。

中国でFacebook(フェイスブック)、twitter(ツイッター)、you tube(ユーチューブ)を見る方法 その2

以前の記事

「中国でFacebook(フェイスブック)、twitter(ツイッター)、you tube(ユーチューブ)を見る方法 でも書きましたが、VPNサービスを利用することで、中国では見られない

にアクセスすることが可能です。

上記の記事で「かーこ」様より別のVPNサービスをお勧め頂いたので、改めてご紹介します。 かーこ様、有益な情報ありがとうございます!

VPN-FAST

その名も「VPN-FAST」。 以前、ご紹介した「12VPN」と比べてみましょう。

VPN-FASTの方が12VPNより優れているところ

①日本語記述なので導入がスムーズにできそう 12VPNは全てが英語なので日本人にはハードルが高いです。 実際、僕も「これであっているのか?」「本当にクレジット番号入力しても大丈夫か?」と心配になりました。 (結果的には大丈夫でした。)

しかしVPN-FASTは日本語の記述で、支払も日本の新生銀行へ振り込むことができるようなので、 比較的スムーズに導入ができそうです。

②日本の法人運営なので日本人にとってはなんか安心できる KENBOという日本の法人がサービスの運用をされているなので、日本人にとってはなんか安心感があります。 そういえばこのKENBOという会社さん、結構Googleのコンテンツターゲット広告で見かけます。

また取引実績を拝見すると「グリコ」様や「JTB」様など大手とのお仕事もされている模様。 信頼感は高そうです。

③元での支払いが可能 かーこ様のコメントにもありましたが、このKENBO様は新生銀行の他に中国銀行の口座もお持ちのようなので 中国元での支払いが可能です。 中国の現地採用をされた方はだいたい中国元で給料が支給されるため、日本円での決済ができません。 また日本のクレジットカードを放棄された方はクレジットカードでの支払いができません。

その点、中国元で決済できるVPN-FASTというサービスのメリットは高いですね。

・12VPNの方がVPN-FASTより優れているところ

①価格が安い 12VPNは年間30ドル。 僕が契約した時点で日本円換算約2,500円でした。 一方、VPV-FASTは月額980円。年間では11,760 円と少し高め。

コストとサービスのバランスを考えて利用すると良いですね。

●参考情報

中国でFacebook(フェイスブック)、twitter(ツイッター)、you tube(ユーチューブ)を見る方法

中国でFacebook(フェイスブック)、twitter(ツイッター)、you tube(ユーチューブ)を無料で見る方法