中国と日本ではたらき自由を目指すビジネスマン

10年8月~17年4月、中国上海で広告の仕事。17年5月に日本へ帰国、中国×金融×マーケティング。自己研鑽を重ね49歳に完全自由を得る過程を綴る。

中国のアパレル通販サイト「VANCL(凡客)」の広告出稿が凄い

中国語のサイトを回遊していると必ず目にする広告があります。

新浪首页

●ニュースサイト「新浪」のトップページ中段にあるバナー広告

凤凰网

●ニュースサイト「凤凰网」のトップページ中段にあるバナー広告

youku

●動画サイト「youku」の右側にあるバナー広告

これらは全て「VANCL(凡客)」というアパレル通販サイトの広告です。 おおげさではなく、ネットサーフィンをしていると必ず広告を見かけます。

日本のネット広告では金額ベースでいうと「金融」や「不動産」、「人材」といった業種の広告主が 上位を占めており、「通販」とくに「アパレル通販」は一定規模あるものの、そんなに大きな出稿がされていません。 (私の感覚値ですが・・・・)

実際に調べたわけではありませんが、この「VANCL(凡客)」は金融よりかなりの規模を出稿しているイメージで、 ここも日本とは全く違うものだなぁと感じました。

「新浪」に出ていたバナー広告をクリックしてみるときちんとパラメーターが振られていて、 どのサイトから流入があり、どれほどの効果があったのかも計測している模様です。 恐らく何かしらのツールを使ってCPAやROASで管理されているのでしょう。 しかしこんなにも出稿して費用対効果は見合うのでしょうか。

また今日、地下鉄2号線中山公園駅を降りるとホームの広告にこんなものが。

VANCK(凡客)

写真に写っている2つの看板はどちらも「VANCL(凡客)」の広告です。 中山公園駅だけでなく、地下鉄沿線に広告展開をしている模様。 すごい投資の仕方です。

しかも「我是凡客」というフレーズをキーワードに広告展開しているのですが、 百度で「我是凡客」と検索するとちゃんとリスティング広告も出稿されていました。

百度搜索_我是凡客

youkuを使ったキャンペーンサイトも用意されていて、CM動画をネットで見ることができます。

youkuのキャンペーンサイト

これだけ地下鉄の広告や動画広告、バナー広告をやっているとなると単に成果だけでなく、 既にブランディングをするフェーズに入っているのでしょう。 ただ、このサイトがオープンしてたった3年程度・・・。 凄い成長スピードです。

VANCL(凡客)トップページ