読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

上海と日本ではたらくビジネスマン

中国上海から中国のインターネットサービス、広告、ビジネス、ライフスタイルの今を不定期で徒然にレポートします。

中国株日記-QIHU360(奇虎360)の中国市場での上場を待っている

f:id:daotian105:20160906202959p:plain

NY市場から上場廃止したQIHU360(奇虎360)。

次に大きく伸びる中国のIT企業と睨んでいて、中国市場での上場を

今か今かとまっています。

 

と言っても、ずっとQIHU360(奇虎360)のことを考えているわけにはいかないので、

思い出した頃に中国語サイトで情報を調べていて、調べた結果について

今日は書きたいと思います。

 

噂①:Backdoor listingで上場する可能性

Backdoor listingは、中国語で借壳上市というそうです。

日本語では何と「裏口上場」なんていうそうです。

意味としては

「上場している会社の株を買い、経営権を握り、実質的には自社を上場させる」

ということだそうです。

 

QIHU360(奇虎360)もこの手法を使って上場するのではないか、

と噂されていたのですが、会長である周鸿祎は正式に

裏口上場の計画は無い

と否定しました。

 

噂②:そもそも再上場しない

そもそもNY市場から意図的に上場廃止させたのは

・中国国内で最大のインターネットセキュリティの会社である

・しかしアメリカに上場したため、海外の企業になってしまった

・これでは中国政府からの見た目、心証も悪くなり

・インターネットも社会主義の中国において、

・セキュリティ会社という性質上、業務がスムーズに進行しないことを懸念した

のが理由であって、

・資金を集めたいから

ではありません。

 

既に資金は潤沢にあり、知名度もあるので、改めて上場する必要がないのでは?

ということになり、実際会長の周鸿祎も

「我々は株をやるために中国に帰ってきたわけではない」

と言っています。

 

うーん、上場しないなら株が買えないよ。。。。

 

f:id:daotian105:20160906204940p:plain

 

とかいいながら、会長の周鸿祎は

「中国国内での上場に向けては色々準備がある。明確なスケジュールは言えない」

とも言っていて、上場はやっぱりするんじゃないかと思うんです。

 

引き続き状況をウォッチですね。