読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

上海ではたらくビジネスマンのブログ

中国上海から中国のインターネットサービス、広告、ビジネス、ライフスタイルの今を不定期で徒然にレポートします。

※追記5あり【速報】中国のセールW11、2016年の売上進捗

中国のWeb/インターネット事情 中国のニュース

f:id:daotian105:20161111093709p:plain

W11は中国語で双11と言われ、アリババが主導する中国最大のセール日です。

毎年、独身の日と呼ばれる11月11日に行われます。

 

この記事では、中国のニュースサイトで書かれている2016年の

双11の売上速報を書きます。

 

11月11日0時0分52秒:10億元

52秒で10億元(155億円)を突破。

 

11月11日0時6分58秒:100億元

開始から約7分で100億元(1,550億円)を突破。

ちなみに昨年、2015年は12分28秒なので、約2倍のスピード。

 

11月11日1時00分00秒:353億元

開始から1時間で353億元(5,471億円)を突破。

この時点で2013年時の双11の総売上を抜く。

モバイルからの売上が84%と、ほとんどがPCではなくモバイルから購入。

 

11月11日2時30分00秒:500億元

開始から2時間半んで500億元(7,500億円)を突破。

 

11月11日6時54分52秒:571億元

開始から1時間で571億元(8,850億円)を突破。

この時点で2014年時の双11の総売上を抜く。

 

↓※以下追記(2016年11月11日日本時間16時)↓

 

11月11日10時00分00秒:721億元

午前10時、721億元(1兆1,175億円)を突破。

 

11月11日12時00分00秒:807億元

正午、807億元(1兆2,508億円)を突破。

モバイルからの売上比率は83%。

 

ユニクロ旗艦店は準備していた商品が売切れ、11月11日の販売を停止。

f:id:daotian105:20161111161000p:plain

 

この時点でのエリア別の売り上げランキングは

1位:広東省の92億元

2位:浙江省の78億元

3位:江蘇省の75億元

4位:上海の63億元

5位:北京の45億元

 

↓※以下追記2(2016年11月11日日本時間16時45分)↓

 

11月11日15時19分19秒:912億元

15時19分、2015年のW11売上、912億元(1兆4,130億円)を突破。

f:id:daotian105:20161111164732p:plain

 

↓※以下追記3(2016年11月11日日本時間17時45分)↓ 

中国には各省ごとに新聞が発行されているのですが(日本のように全国紙は無い)、

ほぼ全域の表紙に広告を出していたようです。

f:id:daotian105:20161111175109p:plain

例えば北京で発行されている新京報という新聞。

こちらの頭版(头版)の整版(全版)では、記憶が確かであれば、

180万元~200万元の広告費なので、これだけで約3,000万円くらいします。

これを全国で展開してるので、、、、1日に投下している広告費はいったい

いくらなんでしょうか。

www.china-b-japan.org

 では、広告出稿量が例年に比べ少ないと書きましたが、ティザー(事前)への

広告投下を減らし、11月11日当日の1日に大量投下をしているのかもしれません。

 

↓※以下追記4(2016年11月11日日本時間20時00分)↓

11月11日18時55分36秒:1,000億元

18時56分、1,000億元(1兆5,500億円)突破。

f:id:daotian105:20161111205845p:plain

 初の1,000億元の大台ですね。

 

↓※以下追記5(2016年11月11日日本時間23時25分)↓

11月11日22時12分03秒:1,111億元

22時12分、1,111億元(1兆7,220億円)突破。

 

f:id:daotian105:20161111232454p:plain

 

 

現在も継続中。

 

 

僕も深夜12時、11月11日になった瞬間、天猫APPを開き、

無事欲しかったリーガルシューズをGET。

嫁の分と合わせて3足で2,500元を使いました。

 

ココ最近の売上推移は

2013年:350億元(5,425億円)

2014年:571億元(8,850億円)

2015年:912億元(1兆4,130億円)

これは11月11日、1日の売上金額です。

※ここでいう売上は、天猫/淘宝網で消費者が購入した金額の総計です。

 

さて、今年はいくらまで行くでしょうか。