中国と日本ではたらき自由を目指すビジネスマン

10年8月~17年4月、中国上海で広告の仕事。17年5月に日本へ帰国、中国×金融×マーケティング。自己研鑽を重ね49歳に完全自由を得る過程を綴る。

備忘録-中国と日本の間を、遊牧民のように流浪生活

f:id:daotian105:20170731201712p:plain

 

7月は案の定、プライベート&仕事に忙しく全く更新できず。

 

中国から日本へ本格移住にあたり、私達一家は4月末からずっと遊牧民のような

流浪生活を送っていました。

後から見直した時に、多分面白いので備忘録としてどんな足取りだったかを

ここに書き残しておきたいと思います。

 

・2017年4月中旬~5月下旬

僕自身が中国→日本へ移動。

妻と子どもは蘇州に残したまま、1人で大阪へ。

しばらく大阪の実家で用事を済ませ、東京へ。

こんなところで、1ヶ月間、生活してました。

f:id:daotian105:20170731202147p:plain

3畳もなかったかなぁ。

1ヶ月の契約だったので、ここを出て、新橋にあるカプセルホテルにも1週間宿泊。

記録をたどると、5月27日には大阪へ戻っていたようだ。

 

・6月上旬

東京から大阪へ戻り、大阪の実家で過ごす。

6月8日の便で中国へ戻る。

蘇州でしばらく過ごし仕事をしながら、家の手続きなど。

嫁の実家へ移動したり。

 

・6月20日

中国→東京へ。

東京の家が無いので中国人の友人の家で居候。

東京の家探しをしつつ、仕事。

嫁は仕事があるので蘇州、子どもは嫁の実家で預けていた。

毎週末、家の内覧に行っていた。

 

・7月6日

嫁が来日。一緒に家を見て回る。

決めたのがあったけど、残念ながら売れてしまったので、

しばらくはUR賃貸で。

この時は汐留にあるホテルで二人暮らし。

 

・7月12日

東京→中国蘇州へ移動。

 

・7月14日

蘇州⇔上海。

上海でいくつか会議。

 

・7月15日、16日

蘇州の家を片付け。

引き渡しに向けて片付けをして、めっちゃ疲れた。。。。

 

・7月17日

蘇州→嫁の実家

荷物を業者さんへ、身体と貴重品を持って僕は自ら運転して移動。

 

・7月20日

嫁の実家→蘇州→南京

朝早く嫁の実家を出て、嫁、子どもと3人で車で蘇州へ。

12時から蘇州の家を引き渡し。

f:id:daotian105:20170731203134p:plain

内装も自分でしたし、4年近く住み、子どもが誕生した家なので、

ちょっとさみしい気分。。。。

 

www.china-b-japan.org

 

 

なんだけど、当日は40度を超える猛暑。

荷物運んだり何かしてて、めっちゃ暑かったー。

 

インターネットのルーターを中国電信へ返却し、そのまま南京の親戚のお家へ。

 

・7月21日

南京から石家庄へ新幹線で移動。

石家庄へは仕事で。

6時間くらい新幹線で座りっぱなしでお尻が・・・・。

 

・7月22日

石家庄のヒルトンホテルでイベント。

f:id:daotian105:20170731204141p:plain

中国語でプレゼンもさせてもらい、満足の行く結果に。

 

イベントが終わり、そのまま石家庄駅へ。

f:id:daotian105:20170731204159p:plain

駅の周りは何もなく・・・・

f:id:daotian105:20170731204225p:plain

駅構内はクーラーも無く・・・・死にかけた。

 

寝台車で石家庄から南京へ移動。

寝てたら到着するので、まぁここは苦は無し。

ただ、一緒の部屋だったおっさんのいびき、、、、うるさ!

 

・7月26日

南京→蘇州へ移動。

蘇州に車を置いていて、車も友人に売却。

その車を友人宅へお届けするとともに、友人宅でお世話になることに。

この友人はすんごい金持ちで一軒家に住んでるため、部屋は余ってる。

 

・7月27日

蘇州→上海→大阪

蘇州から上海へは深夜2時に出発、タクシーを雇って移動。

朝6時頃の便で大阪へ。

 

大阪へ到着後、そのまま入国管理局へ。

子どもの申請をしようとしたけどうまく行かず、、、、。

 

嫁、子どもの3人で大阪の実家でお世話に。

 

・7月30日

大阪→東京

新幹線で移動。

UR賃貸の契約を済ませ、更に東京の中国人の友人宅へ再度居候。

 

と、本当に遊牧民みたいな生活。

僕のせいで子ども、妻にも大変な生活させてしまっています。

更に色々な人に泊めてもらい、本当にお世話になってしまいました。

 

一刻も早く生活を安定させ、お世話になった人に恩返しをせねば。