10年8月~17年4月、中国上海で広告の仕事。17年5月に日本へ帰国、中国×金融×マーケティング

2019年振返り、2020年に向けて

ゆく年くる年

年末です。今年の振返りと来年に向けて。

2019年の振返り

とにかく平穏な日常を過ごせることが幸せである。

家族や自分、大切な友人とその家族が心身ともに健康で仲良く、

楽しいやりがいのある仕事をやらせてもらい、

ご飯を美味しくいただける。

これ以上の幸せは無い、心の底からそう思っている。

2019年を平穏無事に過ごせたことを、大げさではなくあらゆる人、事象、万物に感謝。

その上で、2020年をどうありたいか。

忘れてはいけない直近のゴール

家族、大切な友人とその家族、自分自身の心身の健康、が大前提。

その上で、僕が直近目指しているゴールは、

2033年10月4日、50歳になる1日前、つまりあと13年10ヶ月で、

妻と好きな場所で、好きなように生きる状態を作ること。

誰にも、何にも時間、心を制約・支配されない状態。

その上で、僕は2020年に何に集中するべきか。

2020年に向けて

シンプルに3項目に絞って、集中する。

心身の健康維持

心。

もともと得意な、喜怒哀楽のうち、喜と楽に意識を集中。

思いついたらジブリの音楽を聞きながら、ストレッチと瞑想をする。

身体。

体重を75kg台で維持。ウォーキング&ランニング、夜の食事制限を意識。

ちょっと休み過ぎじゃないか、というくらい休息する。

集中力を高め、仕事は毎日5.5時間以内で終える。


家族

2019年後半、家事の分担や子どもとの関わりが少なくなっていた気がする。

妻がどんな気持ちでいるかをもっと慮る、雑談の時間を取る。

子どもと話すときはながら聞きをしない。

自分の両親、兄弟、妻の両親、親戚への感謝と労りを態度と行動で表現する。

先祖様への感謝と尊敬を態度と行動で示す。


仕事

2020年に37歳になる。かばん一つで上海へ渡ったのが2010年の27歳。

今のままでも十分に楽しく、充実しているが、もう1つ上がる必要があり、チャレンジが必要。

2021年3月末までにシンガポールでエクスパッドとして働き始める。

そのために

  • 2020年の目標を早めに達成する
  • 今ある問題を、火傷覚悟で「火中の栗」を積極的に拾いに行く
  • その過程で英語力を鍛える、積極的に書く、聴く、話す
  • 摩擦を覚悟し、自分が信じる道と要求を突き通す

関連記事
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です