中国と日本ではたらき自由を目指すビジネスマン

10年8月~17年4月、中国上海で広告の仕事。17年5月に日本へ帰国、中国×金融×マーケティング。自己研鑽を重ね49歳に完全自由を得る過程を綴る。

QIHU360(奇虎360)がNY市場での上場廃止が完了。中国市場へ上場へ

f:id:daotian105:20160717222131p:plain

 

これまでも何度か記事にしてきた360。

www.china-b-japan.org

www.china-b-japan.org

 

前の記事では、8月中旬に経営者によるバイアウトで、アメリカの

ニューヨーク証券取引所から上場廃止が完了する予定と報道されていましたが、

7月15日に完了した模様です。

 

なぜアメリカのニューヨーク証券取引所から退くのか?

360の創業である周鸿祎によると

f:id:daotian105:20160717222515p:plain

"在美国上市,360的80亿美元市值完全未能充分体现360的公司价值。"

アメリカで上場した時の時価総額80億ドルは360という会社の価値に見合っていない

ということが原因のようなのです。

 

次は中国のA株(上海市場)に上場する

上場廃止後、次は中国の証券市場に上場するそうです。

これは買いだなー。

360は中国の検索市場において市場シェア2位という位置にいる会社です。

他にもスマホを作ったり、PCやスマホに入れるセキュリティソフトを

無償で提供している会社でもあります。

中国のインターネット市場はこれからも伸びると思いますし、

他のテンセント、アリババ、百度と比べると、360は企業規模や実績は小さいものの、

伸びる可能性が高いと思うのです。

 

引き続き、いつ上場するのかウォッチしたいと思います。

 

 

www.china-b-japan.org

 

 

www.china-b-japan.org

 

 

www.china-b-japan.org