中国と日本ではたらき自由を目指すビジネスマン

10年8月~17年4月、中国上海で広告の仕事。17年5月に日本へ帰国、中国×金融×マーケティング。自己研鑽を重ね49歳に完全自由を得る過程を綴る。

中国のホワイトカラーの生産性はQQや微信によって下がっていると思う件

f:id:daotian105:20160715230616p:plain

 

タイトル通りなのですが、中国のホワイトカラーたちが仕事で使っている

QQと呼ばれるインスタントメッセンジャーや、微信といったチャットアプリは

彼ら彼女らの生産性を低下させていると思っています。

 

理由1:情報が錯綜する

Aという資料をメールで送ったり、QQで送ったり、ある時は微信で

送ってきたりするので、どれが最新版か後から分からなくなることがあります。

「あれ?この前のデータってメールで送ったっけ?QQで送ったっけ?」

なんて考えることが結構あるんですよね。

 

理由2:集中力が途切れる

QQも微信も、PC及びスマホのどちらでも使えます。

お客さんと微信でつながっているため、話しかけられたら答えなければなりません。

資料作成や調べ事で集中したい時に、ピコーンと鳴ると、

お客さんの対応をせねばならず、集中力が切れてしまいます。

 

友達や家族からもメッセージが飛んでくるので、答えたりしていると

仕事には集中できず、結果として生産性を低くしていると思います。

 

理由3:グループチャットという悪魔

まぁこれがすんごい量でメッセージが飛んできます。

グループチャットに入れられると、ひっきりなしにピコンピコン鳴るので

本当に仕事が手に付かないです。

このグループチャットにもお客さんがいたりするもんですから、

無下にもできず、結局自分の仕事ができなくなってしまうんですよね。

普通に深夜とか休日にもピコンピコンなるし・・・。

生産性が下がります。

 

理由4:会議に参加しているフリができちゃう

パソコンを持ち込んで、会議しているのに、ずっとキーボード打ってる人が

いるんですが、まぁ十中八九、QQか微信です。

そうするとせっかくアイデアとか出したいのに、頭は会議に参加してないから

全くアイデアが出ず、その人は会議に参加しなくても良いわけです。

時間の無駄ですね。

 

とまぁ、要は

  • 情報が錯綜する
  • 集中ができない

の2点に大きくは集約されるのですが、ホワイトカラーの仕事の生産性を

落としている要因の一つになっている、と思っています。