中国と日本ではたらき自由を目指すビジネスマン

10年8月~17年4月、中国上海で広告の仕事。17年5月に日本へ帰国、中国×金融×マーケティング。自己研鑽を重ね49歳に完全自由を得る過程を綴る。

中国メーカーHisense(ハイセンス)の4Kテレビを購入。良い感じ!

f:id:daotian105:20170811194024p:plain

 

散々書いてますが、僕は中国に7年ほどおりました。

中国では当然ながら中国メーカーの家電製品も使っていたのですが、

全くもって問題なく使え、むしろ黒物家電(テレビ)は日本ブランドよりも、

品質も価格も良いという評価でした。

 

日本に帰国し、東京へ本格移住している最中で、色々家具を取り揃えています。

白物家電は好きなPanasonicブランドで取り揃えようと決めていたのですが、

テレビだけは日本ブランドでなくても良いなぁと考えていたのでした。

 

有楽町にあるビックカメラに行ってみると、見慣れた中国ブランドの名前が。

そうこの記事でも紹介した、Hisense(海信)です。

www.china-b-japan.org

 

てっきり日本へ進出している中国ブランドは

・Haier

・Huawei

くらいかと思っていましたが、Hisenseも進出してきたのですね。

 

Hisense Japanという会社も設立しているようです。

ハイセンスジャパン株式会社

 

このHisenseという会社、多分あまり皆さん馴染みが無いと思いますが、

中国ではすんげー有名で、かなりの大企業です。

日本でいうヤマダ電機のような家電量販店に行くと、必ずと言っていいほど

大きな売り場面積が確保されています。

 

で、テレビの購入なのですが、HisenseのHJ50N5500を購入しました。

f:id:daotian105:20170811194827p:plain

50V型 HJ50N5500 | ハイセンスジャパン株式会社

 

このハイセンスのHJ50N5500という型番、公式サイトで見ると、

HJ50N5000という型番もあるんですよね。

 

僕は有楽町のビックカメラでこのテレビを買ったのですが、店員さんに

「HJ50N5500とHJ50N5000の違いってなんですか?

って聞いたら、待つこと10分ほど調べてくれて、

「いや、違いないっす」

とのこと。

 

 

さて、このHJ50N5500を購入したポイントは以下の通り。

 

・50インチの大画面(画面の寸法は109.5×61.6 cm)

・4K

・店頭で見比べたけど、日本ブランドとも遜色ない画質

・ビデオオンデマンドにデフォルト対応(YouTubeとNetflix)

・リモコンが日本ブランドよりシンプルで使いやすい

無線LANでネットに接続可能

・外付けHDDへの録画が簡単にできる

・HDMI端子が4つ、USBが3つもある

・価格が日本ブランドに比べて圧倒的に安い

です。

 

50インチのテレビ、初めて買ったんですが、デカイ!

f:id:daotian105:20170813121001j:plain

(引っ越したばかりでテレビ台が無いので、とりあえず地面置き・・・。)

 

このHJ50N5000、50インチの縦横サイズは

幅:109.5 × 高さ:61.6 cm

 なので、部屋に置いたら思ったよりデカイです。

 

4Kも、もちろん初めて。

正直画質にはあまりこだわりは無いので、今4Kで見られているのかも

よく分からないけれど、画質も十分にきれい。

店頭でいくつか他の日本ブランドとも比較しましたが、僕の目には違いが

よく分からないくらいでした。

(さすがに100万円を超えるような大画面の有機ELテレビとかと比べると、

違いはありましたが、そんなのは必要なし。)

 

ビデオオンデマンドにもデフォルト対応でした。

最近の日本の地上波テレビって本当につまらなく、ネットテレビが必須です。

Hisense(ハイセンス)の4Kテレビは、リモコンに

YouTubeとNetflixの専用ボタンがあり、1プッシュですぐにネットテレビにつながります。

↓説明書のキャプチャ。リモコンの一番下にボタンがある。

f:id:daotian105:20170813122648p:plain

 

実家が日本メーカーのテレビを使ってるんですが、リモコンがやたらと複雑。

HJ50N5500のリモコンも大概、多いんですが・・・、実家のリモコンに比べると

だいぶ使いやすい印象です。

 

テレビを今後買うのなら、無線LANによるネット接続ができるものを選んだ方が良いです。

いまだ有線でしかネットにつなげないテレビがありますが、それを選ぶと配線が

ぐちゃぐちゃになって見た目が汚くなるんですよね。

f:id:daotian105:20170813122956j:plain

HJ50N5500は電源とアンテナ線だけなので、きれい。

 

あとHJ50N5500は拡張性も高いです。

HDMI端子が4つ、USBが3つもあるんですよね。

 

↓説明書のキャプチャ第二弾。

f:id:daotian105:20170813123232p:plain

赤がHDMI、青がUSB。

 

外付けHDDを付ければ、めっちゃ簡単に録画ができます。

僕はAmazonでこいつを購入。

I-O DATA HDD 外付けハードディスク 3TB USB3.0/テレビ録画/パソコン/家電対応 日本製 HDC-LA3.0

 

f:id:daotian105:20170813125132p:plain

 

手順もめっちゃ簡単です。

電源差し込んで、USBつないで、フォーマット、以上。

今や3TBもあるHDDが1万円を切るんですねー。

しかも頼んだ2時間後に到着。

 

 

そして、何より価格。

f:id:daotian105:20170813124121p:plain

価格コムで同じような条件で比較すると、最大50%、最小でも10%も安い。

価格コムではHJ50N5000の最安値が91,600円になってるけど、

僕は有楽町のビックカメラでHJ50N5500を税込み8万円台で買ったので、

更に安くなっています。

オンラインで買うより、店舗で買った方が安くなることがあるんですねー。

 

Hisense(ハイセンス)の4Kテレビ、オススメです。