中国と日本ではたらき自由を目指すビジネスマン

10年8月~17年4月、中国上海で広告の仕事。17年5月に日本へ帰国、中国×金融×マーケティング。自己研鑽を重ね49歳に完全自由を得る過程を綴る。

上海へ出張。ついでにバスケットワールドカップの日本VSトルコ戦を観てきました。

f:id:daotian105:20190909140201p:plain

 

8月31日から9月2日にかけて上海へ出張に行ってきました。

 

 

7年中国に住んでいたので、上海に降り立つとやはり「帰ってきた」という感じです。

 

今回は羽田空港→虹橋空港で、会議やホテルが浦東新区にあったので、

時間のよめないタクシーよりも、2号線の方が良いと思い地下鉄で移動しました。

10号線で上海虹橋2号航站楼へ移動し、2号線へ乗り換え。

ここからはいつもよく乗っていた2号線でひたすら東へ向かいます。

 

途中、

娄山关路:よく買い物へ行った

中山公园:住んでいた

南京西路:働いていた

といった駅を通り、また懐かしい感じになりました。

 

さて、今回泊まったホテルはここでした。

 www.tripadvisor.jp

 

7号線の花木路駅から降りてすぐにあります。

近くには巨大な展覧会会場もあるので、日本人の方も泊まられた方がいるかもしれません。

 

ホテルでいつもの通り妻がタオバオで買った服を受け取り、取引先とロビーで会議。

その後、前の同僚で友人が近くに来てくれたので、近くの商店街にある東北料理屋で晩ごはん。

 

翌日、9月1日は朝と昼に同僚と取引先と会議。

その後なんと運良く、ちょうどバスケットワールドカップのチケットが手に入ったので、

地下鉄で移動して試合会場へ。

 

写真真ん中はアップ中の八村塁選手です。

f:id:daotian105:20190909140233p:plain


僕は中学、高校とバスケ部に所属していて、弱小でしたがレギュラーももらい、

結構本気で取り組んでいたので、燃えました。

第2クオーターの最後に見せた八村塁選手のスティールからの速攻ダンクには、

会場全体も大盛りあがりでした。

 

残念ながらトルコとの力の差は圧倒的且つ歴然。

敗北です。

f:id:daotian105:20190909140510p:plain

実は今回が初めてのバスケ観戦。

初体験がこんなビッグゲームだなんて、とても贅沢な体験でした。

 

その後は安定の鼎泰丰へ。

なんと正大広場にあった鼎泰丰が閉店していたので、急遽「国金」へ。

こんなに人気のある鼎泰丰がまさか閉店するとは、思いもよりませんでした。

 

さて、上海の様子ですが、土日の強行出張だったこともあり、せわしなさは無く、

しかしエネルギーには溢れていました。

今回、地下鉄で移動したのも、普通の人たちの動向を観察したいと思ったからです。

皆さんの会話を盗み聴きしていると

  • 不動産の話
  • 誰と誰が結婚した
  • 転職

などなど。まぁ他愛もない話でした。

特にせっぱくした印象もなく、通常運行の様子でした。

もっと上層部、経営者や役人さんたちはもう少し切迫しているのでしょうかね。

2019年_8月ブログ運営報告

2019年8月に書いた記事数

7

 

2019年8月のPV

f:id:daotian105:20190903121614p:plain

16,153

 

アクセスの多かった記事BEST5

1位

www.china-b-japan.org

 

2位   

www.china-b-japan.org

 

 

3位 

www.china-b-japan.org

 

 

4位

www.china-b-japan.org

  

5位

www.china-b-japan.org

 

 2019年8月のトレーニングログ

f:id:daotian105:20190903121805p:plain
16回、63km。

 

8月25日にぎっくり腰をやってしまい。。。。

9月以降はストレッチと体幹を鍛える方法に切り替え。

ランニングはしばらく無理かな。

 

English study

Bizmate 7回

シャドーイング 5回

2019年9月の目標 

ブログ最低10回更新

Meitu(美図)のCOO、程氏が離職。Apple中国へ転職。

f:id:daotian105:20190830105513p:plain

美图COO 程氏

Meituの記事はこれまでも何度か書いてきました。

 

www.china-b-japan.org

 

www.china-b-japan.org

 

スマホ事業は既にXiaomiへ売却されていますが、主力のAPPやPCにおける画像編集ソフトは継続しています。

 

そんな中、COOの程氏が近く離職。

既にApple中国への参画が決まっているという人事ニュースが流れています。

 

程氏は2017年11月にMeituへ参画。

COOとしてビジネスデベロップメントを担当していました。

Meituへ参画する前は、マイクロソフトやQihu360などでエンジニアをされていたようです。

 

新たなCOOになるのは王秀娟氏。

f:id:daotian105:20190830110215p:plain

王秀娟

Meituは王秀娟が創業した大街網と呼ばれるSNS(LinkedIn的なサイトのようです)に、

3.6億元を投資しました。この発表が8月29日なので、おそらく程氏は政治に負けたのだと思います。

今度は阿里巴巴(アリババ)が上海汽車集団と戦略提携で契約

f:id:daotian105:20190829113945p:plain

アリババと上海汽車が戦略提携

先日、Tencentと長安汽車が提携した記事を書きました。

www.china-b-japan.org

 

ほぼ同じタイミングで、アリババと上海汽車集団が戦略提携を発表。

アリババとTencentは同じビジネス領域でバッチバチに戦っています。

恐ろしいのは、両者とも時価総額がトヨタの2倍以上。

こんな大きな規模なのに、ものすごいスピードで事業を推進しています。

 

さて、このアリババと上海汽車集団の提携はどんな内容だったのでしょうか。

私自身も知らないことがいっぱいあったので、調べながら描きます。

 

まず斑马(Banma)という企業について説明しなければなりません。

f:id:daotian105:20190829115037p:plain

斑马-Banma | 斑马智行——互联网汽车体验创造者

 

一言で言えば、「車用のOSを開発、提供している会社」のようです。

アリババと上海汽車が2015年に共同出資して作った会社です。

f:id:daotian105:20190829115336p:plain

アリババが提供しているクラウド、地図、EC、決済サービスなどなど、

様々なサービスを統合して車用のOSを作ってる?そんな感じだと思います。

このAliOSをベースとしながら、車用のOSをYUN OSと呼称しているようです。

 

今回の発表では、この斑马(Banma)資本構成を変更し、アリババが筆頭株主になるようです。

また徐々にこのOSを様々な業界へ展開していく、としています。

このYUN OSでは

  • 自動運転
  • 音声によるコントロール(ハローメルセデスみたいなやつ)
  • ガソリンスタンドで支払いを車内にいながらできる
  • 駐車場も同じく
  • 天候が強烈に悪くなってきたので少額保険をその場でかけられる

などなどができるそうです。

 

日本とは規制が違うのでそのままはできないかもしれませんが、将来もしかしたら

日本メーカーの車にもこのYUN OSが搭載される日がくるかもしれません。

滴滴出行(DiDi),摩拜单车(Mobike)などが北京市内のシェアサイクル台数を年内に50%減へ

f:id:daotian105:20190828194710p:plain

北京市の交通局からの指示により、滴滴出行(DiDi),摩拜单车(Mobike)などの

シェアサイクルサービス会社が北京市内に展開している自転車を50%へ減らすように指示をし、合意がされたそうです。

他の記事を総合すると、累計17万台程度が北京市内に投下され、そのうち2万台ほどが破損などにより改修がされているようです。

仮にこの記事の台数が正しかった場合、17万台 - 2万台 = 15万台 の50%で7.5万台が今回の回収で減少するわけですね。

確かに北京も上海もちょっと多すぎな印象でしたから、ちょうど良いかもしれません。

 

www.china-b-japan.org

 

 

www.china-b-japan.org