10年8月~17年4月、中国上海で広告の仕事。17年5月に日本へ帰国、中国×金融×マーケティング

2019年中国全31省のGDPランキング。東京、大阪との比較

2020年1月24日、中国のニュースサイトに2019年中国の全31省(直轄市含む)のGDPが出揃い、そのランキングが発表されていました。

まずは31省のランクを人民元ベースと米ドルベースでランキングを紹介。

その後、東京と大阪、その他アジアの国の都市と比較してみます。

2019年中国全31省のGDPランキング

ドル換算レート:1元=0.1442ドル(2020年1月25日)

Rank省/市GDP(億元)GDP(億ドル)
1広東省10,767115,526
2江蘇省99,63114,367
3山東省71,06710,248
4浙江省62,3528,991
5河南省54,2597,824
6四川省46,6156,722
7湖北省45,8286,608
8福建省42,3956,113
9湖南省39,7525,732
10上海市38,1555,502
11安徽省37,1145,352
12北京市35,3715,100
13河北省35,1045,062
14陜西省25,7933,719
15遼寧省24,9093,592
16江西省24,7573,570
17重慶市23,6053,404
18雲南省23,2233,349
19広西省21,2373,062
20内モンゴル自治区17,2122,482
21山西省17,0262,455
22貴州省16,7692,418
23天津市14,1042,034
24黒龍江省13,6121,963
25新疆ウイグル自治区13,5971,961
26吉林省11,7261,691
27甘粛省8,7181,257
28海南省5,308765
29寧夏回族自治区3,748540
30青海省2,965428
31チベット自治区1,697245

アジアの各都市と比較

中国の都市だけで見ると規模感がどれくらいかわからないので、アジア各国地域の都市ごとに比較にしてみましょう。

まだ2019年のGDPが出ていないものは、ネットで見つけた最新データを参照。

都市名GDP(億ドル)
東京日本9,836
大阪日本3,555
ソウル韓国7,651
バンコクタイ3,060
台北台湾3,270

中国のランキングに入れてみると、東京都は第4位、大阪府は17位、ソウル市は6位、バンコク市(?)は20位、台北市は19位。

省、市、都道府県で比較するレイヤーが違いますが、東京都はやっぱり凄い。


東京のGDP参照元:「都民経済計算(都内総生産等)平成29年度速報・平成30年度見込」、108兆2,000億円を110円で割り、9,836億ドル

大阪のGDP参照元:「大阪の産業|大阪外国企業誘致センター O-BIC」、39兆1,070億円を110円で割り、3,555億ドル

ソウルのGDP参照元:2017年の韓国全体のGDPは1兆5,302億ドル、国土交通省の資料(各国の主要都市への集中の現状PDF資料)によると、ソウルの占めるGDPの割合は49.4%なので、7,651億ドル。

バンコク、台北のGDP参照元:Wikipediaから2014年のデータ

関連記事
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です