10年8月~17年4月、中国上海で広告の仕事。17年5月に日本へ帰国、中国×金融×マーケティング

2019年最新版:中国の1級都市、新1級都市リスト。級数の定義について

2016年にこんな記事を書きました。

既に3年近く経っているので、改めて2019年の中国の級数別都市を整理します。

1級や2級などの級数の定義について

中国の仕事に関わっていると1級都市や2級都市、または1線都市、英語ではTier1の都市といった表現が業務中に出てくると思います。

実はこの級数、明確な定義がありません。中国政府も含めて級数で都市を区別していないのです。

したがって会社や個人個人の感覚でここは1級だ、ここは2級だと言っているので実はバラバラです。

これでは仕事上も不便なので、権威のある中国の経済誌が発表している級数を使うと良いでしょう。

それを紹介します。

第一財経週刊が発表している級数別都市

上海を拠点とする第一財経週刊という雑誌が毎年、級数別都市を発表しています。

級数は以下の6種類で分類されています。

級数都市の数
1級都市4
新1級都市15
2級都市30
3級都市70
4級都市90
5級都市128

それぞれ見ていってみましょう。

3級以下は数が多すぎて面倒(笑)なのと、あまりマーケットとして重要ではないと思うのでリスト化を省略しています。

しかし知りたい方もいると思うので、文末に第一財経週刊にあった画像を貼り付けておきます。簡体字ですが、わかる方はぜひ、参考にしてみてください。

中国の1級都市

ランク都市名
1北京
2上海
3広州
4深セン

中国の新1級都市

ランク都市名
1成都
2杭州
3重慶
4武漢
5西安
6蘇州
7天津
8南京
9長沙
10鄭州
11東莞
12青島
13瀋陽
14寧波
15昆明

中国の2級都市

ランク都市名
1無錫
2佛山
3合肥
4大連
5福州
6厦門
7ハルピン
8済南
9温州
10南寧
11長春
12泉州
13石家庄
14貴陽
15南昌
16金華
17常州
18南通
19嘉興
20太原
21徐州
22恵州
23珠海
24中山
25台州
26煙台
27蘭州
28紹興
29海口
30揚州

中国の3級都市

第一財経週刊から撮ってきた画像です。

中国の3級都市リスト

中国の4級都市

中国の4級都市リスト

中国の5級都市

中国の5級都市

どういう基準でランクしているのか?

第一財経週刊は下記の要素を総合判断してランキングしているそうです。

日本語の翻訳がちょっとむずかしいのですが、上から

  • 商業リソースの集約度
  • 都市としての中枢性
  • 生活者のアクティブ度
  • ライフスタイルの多様性
  • 未来の可能性

という軸を総合してランキングしています。

関連記事
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です