10年8月~17年4月、中国上海で広告の仕事。17年5月に日本へ帰国、中国×金融×マーケティング

中国の電子商取引総額が3兆8000億元(約47兆円)

以下、引用

2010年8月30日、中国商務部が2009年度における中国電子商務状況を発表した。
報告によると、2009年の電子商取引総額は前年同期から21.7%増加し、3兆8000億元(約47億円)を突破した。
取引総額のうち、大企業による取引が1兆5666億元、中小企業による取引が1兆9900億元を占めており、
電子商取引が中小企業の重要な取引方式となっていることが明らかとなった。
またネットショッピングの利用者は1億800万人を突破、取引総額は2586億元(約3兆2026億円)、前年同期比105.8%増となった。


http://www.chinapress.jp/it/22610/

3兆8000億元(約47円)と記載がありますが、恐らく「3兆8000億元(約47円)の間違いかと。
2009年度の日本の国家予算がおよそ80兆円程度なので、その約半分強を電子商取引の金額だけで占めているのですね。

しかも個人消費のネットショッピングだけで3兆円!

中国のネットは明るい!

関連記事
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です