中国と日本ではたらき自由を目指すビジネスマン

10年8月~17年4月、中国上海で広告の仕事。17年5月に日本へ帰国、中国×金融×マーケティング。自己研鑽を重ね49歳に完全自由を得る過程を綴る。

イギリスという国は既に先進国ではない?ロンドンへの家族旅行と出張で思った東京、上海との差

f:id:daotian105:20190613181353p:plain

少し前の話ですが、4月24日から早めのゴールデンウィークに入り、

家族で10日間のロンドン、アイルランドのダブリンへと旅行に行ってきました。

また6月4日から6月11日まで仕事でロンドンへ行ってきました。

 

 

 

イギリスってもう先進国ではないんだ・・・

今回、首都ロンドンへ行き思ったのは、上海や東京と比べて全く発展していない、

ということでした。

地下鉄に乗ったら誰もスマホを見ていない

地下鉄に乗ると何か違うなぁと違和感を持っていたのですが、

皆さん本、雑誌、キンドルを読んでいて、スマホを触っている人があまりいないのです。

ロンドンで使えるWi-Fiを持っていったのですが、地下鉄に入ると圏外。

スマホを触っている人も既にインストールしたゲームでした(盗み見した)

まさか地下鉄でネットが使えないとは・・・・。

東京や上海ではありえないです。

わざとそうしているのでしょうか。

地下鉄がマジでボロい

駅、ホーム、通路、車両などスゴいボロいです。

地下鉄の設備が貧困

エレーベーターもガクッガクッと動いていたり、エレベーターもありませんでした。

車椅子の方や、ベビーカーを持った人たちはどうしているのだろうか。。。。

地下鉄にトイレが無い

東京でも上海でも地下鉄の改札フロアやホームフロアにトイレがあります。

ロンドン、マジでないです。

一度、Bank駅周辺を散歩していて、大きい方を漏らしかけました。

路上喫煙、ポイ捨てが普通

店舗内はさすがに経験しなかったですが、路上喫煙がやたらと多いです。

普通のタバコや、何かやたら煙がめっちゃ出るタバコ、電子タバコもありました。

路上には結構ポイ捨てタバコが落ちていて、僕の中でのジェントルマンなイメージが崩壊しました。

建物全般が古い

これはロンドンのいいところでもあるのですが、建物全般が古いです。

首が痛くなるくらい見上げる高い建物もありません。

上海のこんなビル群はどこにもありませんでした。

f:id:daotian105:20190121183343j:plain

 

ロンドンの中でも高めのビル

f:id:daotian105:20190613181523p:plain

ロンドンのここが良かった

パブでビール飲み過ぎ

噂には聞いていましたが、本当に飲むのが好きなんですね。

金曜とか土曜は皆さん飲んだくれてました。

2時か3時くらいに家族で散歩していたのですが、4名から5名の男女が、

路上で酔っ払いすぎて吐瀉物とともに寝そべっていたのには。。。。。

ただ人生を楽しんでるなー、と。

エキササイズをしている人が多い

通勤中と思しき人が結構走ったり、サイクリストが多い印象です。

サイクリストが多いので車も気をつけて走ってる気がします。

 

セント・ポール大聖堂はマジですげぇ

f:id:daotian105:20190613181801p:plain

日曜日にサービスと呼ばれる礼拝があります。

それに家族で参加してきました。

厳か過ぎて写真が撮れませんでした。

心が洗われる、本当に美しい礼拝でした。

憧れのウォータールー駅

マット・デイモンさんが主演のジェイソン・ボーンシリーズをご存じですか。

僕はあのシリーズが大好きで、多分1、2、3を多分20回以上見ています。

で、事前情報無しで、たまたまとったホテルがウォータールー駅だったのですが、

ウォータールー駅を歩いていると、何か既視感があるわけです。

あれ?これってもしかして、アルティメイタムで新聞記者と落ち合ってたところ?

と思い検索すると、ビンゴ!!!!!

やはり、あの駅でした。思わず記念写真を息子に撮らせました。

f:id:daotian105:20190613182346p:plain

たしかここでボーンと新聞記者が立ち話をして、ブラックブライアーというプロジェクトコードネームの話をした。

f:id:daotian105:20190613182450p:plain

駅構内では僕もボーンの指示に従い、靴紐を結び直すフリをしてみました。

中華最高

ロンドンって想像しているより食べるものが無いのです。

アジア人にとってはかなりきつい環境です。

我慢できず中華街へ何度も足を運びました。