中国と日本ではたらき自由を目指すビジネスマン

10年8月~17年4月、中国上海で広告の仕事。17年5月に日本へ帰国、中国×金融×マーケティング。自己研鑽を重ね49歳に完全自由を得る過程を綴る。

LOUIS VUITTONが1年間に、中国国内の7店舗を閉めた3つの理由

f:id:daotian105:20161105225938p:plain

昨年末からLOUIS VUITTONが中国の7店舗を閉鎖しました。

具体的には、

  1. 広州
  2. ハルピン
  3. ウルムチ
  4. 上海
  5. 太原
  6. 天津
  7. 蘇州

です。

この閉鎖の傾向はまだ続く模様です。

 

実はLOUIS VUITTONだけではありません。

上海随一の観光地でもあり、プレミアブランドが立ち並ぶBand(外灘)では、

2013年を境に、

  • 時計ブランドのPATEK PHILIPPE
  • 高級ジュエリーブランドのBoucheron
  • ドルチェ&ガッバーナ
  • Giorgio Armaniの旗艦店

などが立て続けに閉店をしています。

 

中国は金持ちが増え上記のようなプレミアブランドにとっては、

うまみのある重要マーケットかと思っていたのですが、中国国内のビジネスは、

ここ数年で大きく状況が変わってきているようです。

 

その状況の変化を引き金となっている事象、理由が記事になっていたので、

シェアします。

 

先に書きますが「中国経済が低迷しているから」という理由ではありません

 

理由1:内外価格差を知ったユーザーが越境ECサイトなどで購入しているから

中国人なら誰でも知っていることですが、

中国国内において贅沢品の価格が高い

です。

中国の商務部という機関が発表した数字によると、服、装飾品、お酒などの

高級ブランドの商品価格を世界各地での販売価格と比較してみると

  • 香港より45%高い
  • アメリカより51%高い
  • フランスより72%高い

という結果だったそうです。

 

例えばLOUIS VUITTONのシティ・スティーマーというバッグ。↓

f:id:daotian105:20161105231522p:plain

中国では28,500元なのに対して、パリでは22,500元と約6,000元の差があります。

これまで中国の消費者は、このような価格差があることすら知りませんでしたが、

インターネット、SNSの普及によって白日の下に晒され、中国国内で買うのが

アホらしくなり、

  • 越境ECサイトで購入
  • 代理購入(現地にいるソーシャルバイヤー)に購入依頼
  • 旅行へ行った時に現地で購入

といったケースが増え、結果として中国国内の店舗の販売が低迷しています。

 

理由2:テナント料・人件費が高騰しているから

モールを運営する不動産会社からすれば、上記のようなプレミアブランドに

テナントとして入居してもらうことは、それ自体が価値になるので、

10年前であれば、3年~5年の間はテナント料が免除される、といった

高待遇で出店ができていたそうです。

テナント料がかからなければ、大きな固定費が削減できますから、

出店すれば収益が出るといった状況になっていたようです。

更にテナントによっては内装費用もモール運営会社が負担することもあったそうです。

 

そのため、全国各地にプレミアブランドが出店し、どこの街に行っても

LOUIS VUITTONがある、そんな状態になっていたのです。

 

しかしながら、中国の不動産価格上昇にともない、モール運営側もそんな

高待遇を続けることなど到底できず、テナント側に家賃負担を求め始め、

お店の経営を圧迫していったのです。

 

更に人件費も上がってきています。

記事によるとプレミアブランドの業界で働く人の約3割が1万元以上の

高給取りで、更にここ数年も更に上昇傾向にあります。

これも店舗の経営を圧迫している一つの原因になっています。

 

理由3:個性派ブランドの台頭

皆が憧れるプレミアブランドではなく、私しか知らないブランドを所有したい

そんな個性を求める流れが、中国に起き始めています。

 

お金は持っているからLOUIS VUITTONは買える。

だけお、皆が既に持っているLOUIS VUITTONのカバンは持ちたくない。

センスがあって、まだ誰も知らないけど、これから注目されはじめるブランドの

カバンを持ちたい。

 

中国人の、特に若い(20代から30代)金持ちは、そんな風に思っています。

 

だから百貨店に入っているLOUIS VUITTONには行かず、

  • フランスへ移住した友人が教えてくれた欧州の高級ブランドの店
  • 上海の街で見つけたオーダーメイドのお店

とかに行って、自分だけのバッグを購入しているのです。

 

まとめ

LOUIS VUITTONが1年間に、中国国内の7店舗を閉めた3つの理由は

  • 中国国内の店舗で買うのは高くてアホらしく売れなくなってるから
  • テナント料、人件費が上がって店舗経営のコストが上がってるから
  • 消費者が個性を求め始め、誰もが知るプレミアブランドを買わなくなってるから