読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

上海ではたらくビジネスマンのブログ

中国上海から中国のインターネットサービス、広告、ビジネス、ライフスタイルの今を不定期で徒然にレポートします。

【速報&訂正】中国への入国は問題なし。トルコへの入国履歴があっても外国人は中国へ入国できる

中国のニュース

f:id:daotian105:20160913230923p:plain

何回かに分けて

・トルコへの渡航履歴があり

・中国のビザが無い場合

・中国への入国をイミグレで拒否されるらしい

という旨の記事を書いていましたが、すみません、そんな事実は無かったです。

 

www.china-b-japan.org

www.china-b-japan.org

 

日本大使館からのメール

今日、日本大使館からこんなメールが届いていました。

f:id:daotian105:20160913231059p:plain

要約すると

  • トルコへの渡航履歴があっても入国を拒否することはない
  • 杭州で行われていたG20で入国審査が厳格化していた
  • その中で一部入国を拒否した事案が発生
  • これがトルコへの渡航履歴があると入国拒否という噂として波及した

とのことです。

 

原文は以下の通りです。

最近,一部アジア・中東諸国の入国歴があると中国で入国拒否されるのではないかとの照会がありますが,中国当局によれば,そのような事実はないとのことです。

中国にお住まいの皆様及び渡航者の皆様へ
在中国日本国大使館

1 最近,「トルコ等一部のアジア・中東諸国の入国歴がある外国人が,中国の入国審査において入国拒否されるのではないか。」という照会が当館に寄せられています。

2 当館では,中国公安部及び一部の国際空港の入国管理部門(中国語:「辺防検査」)に照会したところ,特定の国の入国歴があることのみを理由として中国入国を拒否している事実はないとのことでした。

3 また,「このような問題を回避するため,日本において中国入国ビザを取得する必要があるのか。」との照会もありますが,在日本中国大使館によれば,そのようなビザ取得の案内はしていないとのことです。(注:一般旅券を所持する日本国民が,中国へ観光,商用,親族知人訪問或いは乗り継ぎの目的で入国する場合,滞在日数が15日以内であればビザ免除措置が実施されています。)

4 一般に,入国審査の拒否理由は明らかにされず,詳細はわかりませんが,中国では,最近のテロ情勢などを踏まえ,G20杭州サミット期間の前後に入国審査を強化していた結果として,入国拒否のような事例が発生したものと考えられます。今後とも,状況に応じ入国審査が厳しくなる可能性もあり,仮に入国管理官から外国への入国歴の質問があった場合には,必要に応じて上記2に言及しつつ,その目的を誠実に回答する等の対応が必要と考えられます。

何人かの日本人に聞いたのに、これも噂を話していただけでした。

混乱させてしまって申し訳ありませんでした。