読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

上海と日本ではたらくビジネスマン

中国上海から中国のインターネットサービス、広告、ビジネス、ライフスタイルの今を不定期で徒然にレポートします。

FXが人気の理由

f:id:daotian105:20170429134103p:plain

 

 

日本を含めFXは人気の金融商品となっている。

その理由は以下の通り。

 

少ない資金で大きなリターンが得られるから

前の記事でも書いた通り、保証金を入れて、差金決済をするため、

取引の際に必要な全額ではなく、反対売買時に必要な金額を保証金として

用意するため、小さい資金で、大きな取引を行うことができる。

www.china-b-japan.org

 

例えば10万円の小さな資金で1,000万円の取引を行うことで、

大きな利益を上げられるのが人気の理由の1つ。

 

が、逆に損失も同じだけ大きくなるので、注意が必要。

 

24時間、いつでも取引ができるから

外国為替市場は世界に分布している。

そのため、土日を除き24時間、いつでも取引ができる。

f:id:daotian105:20170429155534p:plain

出典:外為どっとコム

 

上記のよう24時間、世界のどこかで外国為替市場が開いているため、

いつでも取引ができる。

更に金融市場で最も活発なイギリスロンドン、アメリカニューヨークが重なる、

日本時間の夜9時~深夜2時頃は取引が活発になり、値動きもし易い。

 

一方、例えば日本の株式であれば市場が開いている時間は平日9時~15時まで。

しかも昼休みの11時30分~12時30分は取引ができない。

 

サラリーマンは、もちろん平日本業があるため、株での積極的な取引ができない。

しかしFXであれば、帰宅してご飯を食べ、夜寝る前の1時間を使って取引する、

といったことが可能。

 

またゴールデンウィーク、お盆休みなどは日本特有の長期休暇で、

世界では外国為替市場がずっと動いており、取引も行える。

 

こういった時間の融通をつけやすいのも、FXが人気の理由。

 

取引を行うコストが安い

日本円を外貨、例えばドルに換金する際に、銀行は手数料を取る。

例えば新生銀行で外貨預金をしようと思うと、

f:id:daotian105:20170429160753p:plain

外貨預金 - 外貨取引の為替手数料 | 新生銀行

 

例えば100円を1ドルに換えると、コースにもよるが最安値で7銭がかかる。

これは片道のコストなので、円→ドルで7銭、ドル→円で7銭と合計14銭かかる。

※1円=100銭

 

他にも株を購入しようとする場合、例えば手数料が安いとされているSBIでは、

f:id:daotian105:20170429161148p:plain

1回の取引で税込み150円かかる。

 

それに対して、FXでは多くの業者で手数料が無料となっている。

実質的な手数料として支払うスプレッドも1ドルあたり0.3銭がが中心で、

外貨預金と比べると、20倍近くの差がある。

f:id:daotian105:20170429161829p:plain

 

この取引に関わるコストが低いことも人気の理由。

 

スワップポイントが毎日入るから

スワップポイントの詳細は、別の記事でまた書く。

FXは2国間の通貨を取引をするが、国と国の間では金利の差がある。

金利の低い通貨を売り、金利の高い通貨を買うことで、この金利差による

収益を日割り計算でもらうことができる。

これをスワップポイントと良い、FXのわかりやすい収益源の1つ。

毎日、コツコツともらえるので、FXが人気になる理由の一つ。

 

が、高金利の通貨を売り、低金利の通貨を買うと、

逆にスワップポイントを毎日支払う必要があるので、注意が必要。

 

相場変動のリスクが低いから

FXは通貨を対象とした投資商品。

通貨は国が発行するものなので、国が無くなるリスクは、株式投資のように、

会社が倒産するリスクより当然低い。

そのため、ある会社の株価が上下する変動率は高くなるが、通貨の変動率は株式ほど高くない。

価格が大きく変動することがないので、リスクは少ないといえる。

※レバレッジの掛け方が激しくないことを前提としている。

 

そのため安全な資産なので、安心して取り組むことができるため、

FXが皆に受け入れられるようになった。

 

まとめ

FXが人気の理由は

  1. 少ない資金で大きなリターンが期待できるから
  2. 24時間、いつでも取引できるから
  3. 取引するコスト(手数料)が安いから
  4. スワップポイントが毎日もらえるから
  5. 相場変動が少なく安定していてリスクが低いから