中国と日本ではたらき自由を目指すビジネスマン

10年8月~17年4月、中国上海で広告の仕事。17年5月に日本へ帰国、中国×金融×マーケティング。自己研鑽を重ね49歳に完全自由を得る過程を綴る。

【最大9%オフ】イオンユーザー必読:イオンのクレジットカード+オーナーズカードを活用したお得な節約法

f:id:daotian105:20180330141406p:plain

 

イオン東雲店近所にマンションを購入したため、イオン買い物ヘビーユーザーです。

www.china-b-japan.org

 

www.china-b-japan.org

 

写真はイオン東雲店

f:id:daotian105:20180404152609j:plain

 

これだけ利用しているのだから、どうにかもっとお得に買物ができる方法が無いか、

研究をしていました。 

色々調べて現状これが「一番お得な方法や!」と思われる方法をまとめます。

 

 

 

結論:オーナーズカード+イオンのクレジットカード+で最大9%OFF

まずは結論です。

9%OFFが可能な状況

下記のような状況下であれば、9%引きが可能。

条件1:20日、30日に買い物をする=5%引き

条件2:株主になりオーナーズカードを使う=3%引き

条件3:イオンクレジットカードで支払いときめきポイントを200円で2pt=1%引き

合計:9%引き

 

5.5%OFFが可能な状況

下記のような状況下であれば、5.5%引きが可能。

条件1:毎月10日、イオンクレジットカードで支払いときめきポイントを200円で5pt=2.5%引き

条件2:株主になりオーナーズカードを使う=3%引き

 合計:5.5%引き

 

4%OFFは常に可能

下記のような状況下であれば、4%引きが常に可能。

条件1:イオンクレジットカードで支払い、ときめきポイントを200円で2pt=1%引き

条件2:株主になりオーナーズカードを使う=3%引き

 合計:4%引き

 

 

これらの条件を満たす手段をメモしていきます。

 

「ときめきポイント」と「WAONポイント」の違いを整理

具体的な手段の前に、イオンが運営するポイントサービスを大まかに整理します。

 

イオングループのポイントは大きく3つ。

  1. ときめきポイント
  2. 電子マネーWAON ポイント
  3. WAON POINT

※2と3は別物なので注意。 

それぞれの違いをシンプルに説明

たくさんのブログでもその違いが紹介されていますが、シンプルに書くと

・ときめきポイント:イオンマークのついたクレジットカードで支払うと貯まる

・電子マネーWAONポイント:電子マネーWAONで支払うと貯まる

・WAON POINT:イオン系列店で、カードを提示すると貯まる

です。

 

カードの種類と合わせて分かりやすく図化するとこんな感じです。

f:id:daotian105:20180330230233p:plain

ポイントの貯まり方をシンプルに説明

・ときめきポイント:イオン系列なら200円で2ポイント、それ以外は1ポイント

・電子マネーWAONポイント:加盟店において200円で1pt

・WAON POINT:イオン系列、加盟店において200円で1pt

 

まとめるとこんな感じです。

f:id:daotian105:20180330230319p:plain

ポイントの使い方/交換対象をシンプルに説明

・ときめきポイント:ときめきTOWNで商品と交換 or WAON POINT/電子マネーWAONポイントに交換

・電子マネーWAONポイント:電子マネーWAONに交換1pt=1WAON(1円相当)

・WAON POINT:イオンでの支払い時に1pt=1円として使用

 

まとめるとこんな感じです。

f:id:daotian105:20180330230917p:plain

 

イオンがお得になる日

f:id:daotian105:20180331223316p:plain

お客様感謝デー

毎月20日と30日に行われます。

ほとんどの商品が5%OFFです。

www.aeonretail.jp

ありが10デー

毎月10に行われます。

200円につき5ptのときめきポイントがもらえます。

www.aeonretail.jp

 

最大で9%、最低でも5.5%の割引を実現するには、これらの日に狙いを定めます。

 

僕が選んだイオンのクレジットカード

お金の流れを分かりやすくするため、口座の数を3つ以内にしています。 

これ以上銀行口座を増やして煩雑にしたくないので、

イオン銀行の口座を作りたくありませんでした。

 

なので私が選んだのはイオンカード(WAON一体型)でした。

 

イオン系列で買い物をする際に、イオンカードで支払いをすれば、

200円に対して2ptのときめきポイントが貯まります。

1ptは1円の価値なので、200円に対して2optということは、

1%割引がずーっと受けられるということになります。

 

イオンオーナーズカードを持つ

f:id:daotian105:20180331224751p:plain

イオンの株を100株以上持つともらえるカードです。

これで3%の割引を受けることができます。

 

イオンオーナーズカードをもらえる条件

・100株以上の株を保有すること

・2月末日 or 8月末日に株主であること

です。

 

イオンオーナーズカードで享受できるメリット

・100株~499株保有で3%OFF

・500株~999株保有で4%OFF

・1,000株~2,999株保有で5%OFF

・3,000株以上保有で7%OFF

・イオンラウンジが使える

 

イオンオーナーズカードの制限

・家族カード含め2枚まで

・割引は100万円/半年まで

 

イオンの株を買うタイミング

2018年4月03日現在でイオンの株価は1,932円。

f:id:daotian105:20180404152121p:plain

 

100株単位なので投資金額としては193,200円+113円(手数料)。

毎日平均2,500円の買い物があるので、2,500円×3%OFF = 75円

365日 × 75円 =27,375円

27,375円 ÷ 193,313円 = 14.2%

14.2%の利回りなら言う事無しですね。

 

どのタイミングで株を買うか?ですが、利回りは高ければ高いほどよいので、

目標利回り15%として、182,500円、つまり株価が1,825円になったらソッコーで買います。

最低でも利回り12%は確保したいので、228,125円、つまり株価が2,281円につきそうだったら買います。

権利確定は8月末ですから、まだ時間があります。

株価は上がり下がりを繰り返すでしょうから、今から8月末まで気長に買い時を待ちます。 

 

我が家のイオン買い物ルール

我が家の買い物ルールはこうしようと思います。

日常的に使うものは迷わずイオンでイオンカード決済

牛乳、卵、野菜、肉、洗剤、などなど日常的に使うものはイオンで買う。

距離も歩いて行ける範囲ですし、どこどこのスーパーの方が安いとか調べる時間を

考えたらイオン東雲店一本に絞った方が効率的です。

10日、20日、30日に寄せる

これらの日常的な買い物も、できるだけ10日、20日、30日に買いを寄せる。

賞味期限が切れても無駄にならない程度に買い貯めようと思います。

衣料品、シャンプー、洗剤、ひげ剃り、といった用品です。

赤ちゃん用品や衣料品、家電はAmazonと比較

とは言え、最近子どもが産まれたので研究していたのですが、

赤ちゃん用品はAmazonの方がイオンより約30%~50%安いことがありました。

www.china-b-japan.org

 赤ちゃん用品、衣料品、家電などはAmazonで比較した上で安い方で買います。

実はAmazonゴールドカードを持っているので、Amazonで買っても2%のポイントが

付くため抜かりなしです。