10年8月~17年4月、中国上海で広告の仕事。17年5月に日本へ帰国、中国×金融×マーケティング

ハイアール(Haier)のテレビがマジで凄い

内装が終わって次は家電

以前の記事でも書きましたが、蘇州の家を内装していました。
中国で家を買ったら内装が必要。そしていま、内装してます。 | 上海ではたらくビジネスマンのWEBサイト

 

 

 

 

 

蘇州の家の内装が完了しました。 | 上海ではたらくビジネスマンのWEBサイト

 

 

 

 

内装が完了したので、「さぁ次は家電だ!」ということで、今回色々な家電を購入しました。

エアコン、洗濯機、冷蔵庫、テレビ。

テレビ以外は全て日系メーカーを選択、もともとテレビもPanasonicSHARPSONY

いずれかにしようと思っていたのですが、結局購入したのは・・・・

ハイアール(Haier)!

nf_logo

HaierTV

ハイアールといえば、白物家電ですが、実は黒物家電もすごかった、という発見をしました。

凄いのは、以下の3点。

  1. 機能が凄い
  2. 価格が凄い
  3. 映像が凄い

 

機能が凄い

Wi-Fiを標準装備!

なんと僕が購入したテレビ、デフォルトでWi-Fi機能が付いています。

追加で何か差し込んだり、設定する必要はありません。

ブラウザもインストールされているので、インターネットに接続してwebサイトを見ることができます。

家には無線LANを設定したので、これでネットに上がっている映像コンテンツを思う存分見ることができます。

これまでパソコンで見ていた「進撃の巨人」や「宇宙兄弟」、「HUNTERXHUNTER」、「半沢直樹」を

テレビで見ることができる!!!

 

・AndroidOSを装備

GoogleのOS、Androidを装備されています。

モバイルで使っているようにアプリをインストールすれば、使えます。

メールなんかも見れちゃいます。

 

映像が凄い

売り場で色々見比べましたが、正直そんなに違いありません。

映像もクリアで、全く問題なし。

 

価格が凄い

40インチのものを購入しましたが、2,999元。

日本円で48,000円くらい。

SAMSUNGやLGなど、韓国メーカーですと同じインチ数で、およそ3500元オーバー。

先ほどあげた日系メーカーですと4,000元近いまたはオーバー。

いずれもこの金額でWi-FiAndroid機能は付いていません。

こりゃ日系メーカー、厳しいわ。。。。。

   

関連記事
SNSでフォローする
コメント (2)
  1. HaierDisplay より:

    要素技術,商品の開発は、日本人の専門家チームです。

  2. いなっち より:

    ながらくコメントを見ておらず、返信が遅くなり申し訳ありません。
    そうなんですか?
    中身の技術、開発は日本人がやっているのですか。
    なぜ日本のメーカーは同じようなものができないのですかね。。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です