10年8月~17年4月、中国上海で広告の仕事。17年5月に日本へ帰国、中国×金融×マーケティング

中国の格安航空会社(LCC)、春秋航空について

中国の春秋航空が上海-茨城間を4,000円で運航するというニュースが話題ですね。

中国の格安航空会社 春秋航空

毎日新聞
http://mainichi.jp/select/biz/news/20100826ddm012020189000c.html

ライブドア
http://news.livedoor.com/article/detail/4976960/

先日、私の彼女(中国人)が北京へ行くのに春秋航空を利用したそうなのですが、
すごく疲れたと言っていました。

春秋航空は中国国内線でも低価格で人気なのだそうですが、
機内での販売攻勢が半端ないそうなのです。

ブランド品、お酒、たばこなどなどしきりに声をかけてくるそう・・・。
機内放送も広告的なアナウンスが多いそうです。

しかも今日のYahoo!ニュースにあったような

千円立ち乗り席!?アジア格安航空“台頭”にJAL&ANAも参戦

なんと立ち席?!
エキスポランドにあった風神雷神2みたい・・・・。

価格競争は消費者にとってはありがたいことですが、
行きすぎた価格競争で機体を中古にして安全性に問題が出たり、
人材教育不足で気の悪いサービスを受けたりするよりは、
たとえ2時間30分(上海-大阪間)でも気持ちよく過ごせる飛行機に乗りたいですね。

私が今度、Zビザ(就労ビザ)を取得するために日本へ帰国する際の航空会社はANA(全日空)。
中国からの日本往復なら今ならそんなに高くなかったです。
一番下のURLが関連記事です。

●関連記事

【中国上海浦東国際空港から日本大阪関西国際空港への航空券(航空チケット)】

関連記事
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です