中国と日本ではたらき自由を目指すビジネスマン

10年8月~17年4月、中国上海で広告の仕事。17年5月に日本へ帰国、中国×金融×マーケティング。自己研鑽を重ね49歳に完全自由を得る過程を綴る。

テンセントが社員に新株でボーナス発行。約2,000億円を2.3万人に

f:id:daotian105:20190710204900p:plain

 

少し古いですが2019年7月8日にテンセントがある発表しました。

リリース

https://www.tencent.com/zh-cn/articles/13007421562598427.pdf

 

  • ボーナスとして新規株で社員へ配布
  • 23,271名の社員へ、合計120億香港ドル相当を配布
  • 日本円で総額2,000億円
  • 一人あたり約51.5万香港ドル
  • 人民元換算すると一人あたり45万元、日本円で約700万円を配布

 

新株なので既存株主としては、あまり嬉しいニュースではありません。

 

株価を見てみると、7月9日に株価は下げましたが、2019年7月10日また上げており、

もとの株価に短期的には戻りそうです。

下記はテンセントの決算

英語

https://www.tencent.com/en-us/articles/15000771557911821.pdf

 

中国語

https://www.tencent.com/zh-cn/articles/15000771557911821.pdf

 

テンセントには現在約54,623人の従業員がいるそうなので、半数近くの従業員が

この恩恵を受けることになります。

 

テンセントと言えばゲーム事業が注目を浴びがちです。

f:id:daotian105:20190710211118p:plain

テンセントのIR資料から



株すら持っていない僕が論じるのもあれなのですが、ゲーム事業より注目すべきは

Fin Tech and Business Serviceです。

上記の資料を見るとRevenueの25%となっているところです。

 

前もこんな記事を書きました。 

www.china-b-japan.org

 このようなtoBのBusiness Serviceは一度クライアントの中に入ると、

ほぼと言っていいほどリプレイスされることはありません。

 

ゲームは当たり外れが大きいのと、政府の審査方針に左右されるので、

安定性に欠けてしまいます。

 

2019Q1はゲームの売上が順調だったので、このセクションのRevenue比率が

2018年Q4と比べて下がっていますが、今後はこのセクションの比率がジリジリと

上がって来るのではないか、と思っています。

 

それにしても新株をもらった社員の皆さん、あー、羨ましー。